« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

2005年06月 アーカイブ

2005年06月01日

6月のトップイメージカード

panboatではサイトのtopページのイメージカードを毎月!更新!!
するようにしています。

今月は3パターン用意して、6月らしくカタツムリの入ったこのカードに決定しました。

pbcard05_6a.jpg

でも、惜しくも今月のトップイメージには選ばれなかったのこりの2パターンも

pbcard05_6b.jpg

せっかくなので、こちらでお披露目させてもらう事にしました。

pbcard05_6c.jpg

いたずら好きのジャックラッセルテリアがいろんな所でうろうろしています。
梅雨入りはいつ頃なんでしょう。。

2005年06月02日

赤い傘

がお気に入り。16骨のちょっと和風な赤い傘です。

akaikasa.jpg

心斎橋のインテリアショップACUTUSである通り雨の日に出会いました。
ずっと欲しいと思っていたので、その日の雨は私にとって素敵な雨の日でした。

raindrops01.jpg

しかも特価で500円!すごい激安。赤が欲しかったけど当初見当たらなかった事もあって
思わずお店を数回チェックして水色と2本購入しました。水色はちょっとくすんだ水色の傘。


raindrops02.jpg

雨より晴れた日が好きだけど、お気に入りを持ってお出かけできるのウレシイなぁ。
ピチピチチャプチャプ・ランランラン♪です。

2005年06月03日

苦手なもの克服月間

数年前に「思いつき」様という神様みたいなものが私のところへ降りてきて以来、
6月は毎年、苦手なものを克服しよう!月間になっています。

実際じゃあ何を今までしてきたかというと、
数年前はブルーチーズ、おととしはミシン縫い、去年は英文といったかんじです。。

数年前のブルーチーズはくるみ等のナッツと食べると舌をさす刺激が
まろやかになって大丈夫。これは慣れ&発見&工夫の勝利でした。

おととしのミシンはけっして上手ではなくも、なんとか下糸がグチャグチャに
ならずに普通に縫う事に成功しました。下糸の微調整を覚えたのです!

去年は挙式もあって実際はひと月程前倒しになっているのですが、
宿泊するバリ島のヴィラ2ヶ所&2次会レストランの手配をすべて英文で
やりとりしました。さすがに現地に行って予約が取れていないと困るので
英語堪能な知り合いに電話確認をお願いしましたが。。

実際、見事達成できたかというぶすいな結果論は置いておいて
過程が大切。そう「思いつき」様もおっしゃっています。
苦手じゃない人からするとたいした事ない事でも私にとっては一大事!

デザートビネガー、ハーブビネガー、バルサミコ酢の話題など
ちょっと前からこのブログで伏線をはっていた・・・

今年の苦手なもの克服月間のお題は「お酢」です。

nomuosu.jpg

この絵ズラ、以前紹介した「オークスハート」の飲むお酢にそっくりです。それはそのハズで
前回飲めた!のいいことに、その母体「内堀醸造」から飲む果実酢を買ってみました。
オークスハートから比較すると甘さがより控えめで果汁味よりもお酢っぽさがクリアに前に出ています。
一歩段を上がれたかんじだ!

果実酢は同じく内堀醸造の「有機りんご酢」、米酢は村山造酢の「千鳥酢」に決定!

osu.jpg

子供の頃からほんとに苦手。お寿司だって酢飯を父親に食べてもらっていたくらい駄目駄目。
だからこそ、まろやかないい一品を選びたい。好きな物に対してってヒトってちょっと盲目的で
多少欠点があってもOKだったりしますが、嫌いな物に対しては基準が厳しくなる気がします。

このりんご酢は無農薬栽培の青梅を5kg注文したので梅シロップ作りに活躍してもらおうと思います。


村山造酢の千鳥酢(「京都が好き」より)
http://www.love-kyoto.co.jp/daidokoro/murayamazousu/murayama.html

内堀醸造
http://www.uchibori.com/

2005年06月04日

ドミニク・ドゥーセ

ドミニクドゥーセのクロワッサンです。

dominique01.jpg

TVチャンピオンで2度、優勝したという経歴をもつというドミニク・ドゥーセさん。
最近、ぞくぞく新店オープンしているみたいです。

続きを読む "ドミニク・ドゥーセ" »

BRASSERIE CAFE PARIS

BCP(BRASSERIE CAFE PARIS)という三条通にあるお店でちょっと休憩です。

cafeparis02.jpg

三条通はたくさんカフェが集まっているカフェ密集エリア。ちょっと混んでいても
すぐに休みたい時にはちがうお店に行きやすくって便利です。カフェ激戦区なんでしょうね。
こちらのB.C.P.は代金は飲み物が運ばれてからすぐに支払うパリスタイルのカフェです。

クリームブリュレをたのみました。

cafeparis01.jpg

平べったいお皿に入っているからキャラメリゼのカリカリ部分がいっぱいで
なんか得した気分。このお皿、鶴と狐のイソップ童話を思い出しませんか?
バニラビーンズもたっぷり!バニラビーンズがたくさん入っている
だけで私の評価はぐっと上がります。

BCP(BRASSERIE CAFE PARIS)
京都市中京区三条御幸町角 三条ありもとビル1F西
TEL:075−211−1825
休:月よう

カフェ:11:00〜23:00、ランチ:11:00〜15:00
ディナー:17:30〜22:00

http://www.paris-shoku.com/midasi01A.htm

2005年06月05日

無鄰庵(MURIN-AN)

京都へおでかけです
無鄰庵という庭園に行きました。
Japanese Garden Journalというアメリカの庭専門誌の
2004年ランキングで4位だそうです。

http://www.rothteien.com/topics/shiosai.htm

murinan01.jpg

ちなみに以前行った金沢の武家屋敷野村家は
2003年3位から5位にランクダウンのようです。
http://panboat.com/mt/archives/2004/10/post_58.html

murinan02.jpg

緑の紅葉が涼しげです。たもとの池には錦鯉が泳いでいました。

murinan03.jpg

日本人にはあまり知られていないのか、あまり多くの人がいないので
ゆったりとお庭鑑賞ができます。

続きを読む "無鄰庵(MURIN-AN)" »

無鄰庵でお抹茶を

いただく事にしました。靴を脱いで母屋に上がります。


*クリックすると少し大きめの画像がポップアップします

外の景色が額絵か映画のスクリーンのように見えます。

murinan08.jpg

京の家屋は夏向きに作られているそうで、ひんやりと風通しもよく
目には青葉と一口のお茶。なんとも居心地がいいです。

murinan10.jpg

肩のコリも自然とほどけるようにとってもリラックスできます。
コーヒー、紅茶もいいけど緑のお茶は背骨の随にスーっと入って
くるような気がします。

murinan11.jpg

うすめに立てられたお抹茶に「苔のむす豆」とたとえられたという
「金谷正廣」の丹波産黒豆を丹念にきな粉でくるみ青のりをまぶしたお菓子
 『真盛豆(しんせいまめ)』がお茶請けで付いています。



*クリックすると少し大きめの画像がポップアップします

京阪三条から京都市営地下鉄へつながっていて
乗り換えも便利でよかったです。
(京都市営バスの混むことといったら!! ほんとに夕方はひどく混むのです)

京都市左京区南禅寺草川町31
075-771-3909
地下鉄東西線「蹴上駅」下車徒歩7分
9:00〜16:30

http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/spot/sp_murinan

寿し さか井

京都の代表的な夏の食べ物といえば鱧。京の台所、錦市場でも鱧が
目に付きます。まだ出始めで脂のりも少なめなそうですがこれから旬に入る
初物の鱧寿司をいただきました。

sushi_sakai_hamo.jpg

新鮮な鱧は骨の立ち方からちがうそうです。鱧の湯引きしか食べた事なかった
私たちは、この淡白な中にじんわりと旨味のあるホクホクの鱧寿司に感動!でした。
美味しいものを食べたら好きになる、まさに一貫口にほおばってそんな瞬間を覚えました。
ペロリとたいらげてしまう頃には、すっかり鱧好きに。

当初の目的の名物「穴子寿司丼」です。

sushi_sakai_anago.jpg

絶妙のかげんの酢飯はほどよい温かさでふんわりと
盛られています。穴子一匹分をたっぷりのせて、目の前であぶった焼き海苔を(香ばしい!)
パリパリ手揉み、降りかけてくれます。穴子そのまま飲み込めそう、柔らかーい。
穴子も絶品です。ウマイ!

sushi_sakai.jpg

大丸の裏手というか横手というか、気さくな名物お母さんと笑顔の素敵な職人のご主人が
やっているカウンター6席の、ほんとに小さなお店です(今まで行ったお店の中で一番小さいかも!)
すぐに満席になってしまうから、お昼時とかを外して行くのがいいと思います。

http://www.digistyle-kyoto.com/kikaku/kitasan/sakai/

2005年06月06日

太閤園とホタル

太閤園にホタルを見に行きました。
ちょっと早めに行って庭園鑑賞です。

ちょうどホタル鑑賞キャンペーン(毎年5/15〜6/15くらいの期間)の最中ということで、
今年の結婚記念日はこの太閤園の中にある「割烹 瓢箪」で食事することにしました。

taikoen01.jpg

「料亭 淀川邸」が奥の方にありました。なんとも風情のある建物です。
風流な庭をのぞむ個室で食事もできるようです。
もちろん、お値段もそれなりにお高くなります。

taikoen08.jpg

池に張られた水や庭園を流れる水はどれも大川から直接引いているそうです。

taikoen07.jpg

池の水がちょっと汚いなぁ。。浮いた葉くずとかはちゃんと取って手入れしてほしいです。

taikoen06.jpg

約7,000坪という敷地には立派な木々と季節折々の花が植えられ、
緑豊な日本庭園と趣きあるたたずまいの建物はとても大阪市内とは思えません。
11月下旬〜12月初旬頃に見頃になる紅葉の遊歩道もあるようです。

taikoen04.jpg

最初は放していた蛍が今ではほんとに自生しているそうです。
暗くなるのが待ち遠しい!

続きを読む "太閤園とホタル" »

割烹 瓢箪

割烹 瓢箪(ひょうたん)で「華」会席をいただきました。

先附・吸物
hyotan02.jpg

先附は長芋をすり固めたものに昆布とウニクラゲ、ズッキーニが乗っていました。
餡にはジュンサイが入っています。
吸物は鱧のすり身寄せ、ヨモギの生麩と椎茸、キュウリ。吸い口はカボスの皮でしょうか、
蓋をとると清涼感のあるいい香りがしました。

造り・焚合
hyotan03.jpg

造りは甘エビ、鯛、初鰹のたたき盛りでした。
赤魚と豆腐の揚げ浸し。飾り切りされたカボチャと緑の紅葉の生麩が
見た目にかわいい。

八寸
hyotan04.jpg

枝豆をつぶした餡の入ったスズキの焼き物、でんぶと豆入り卵焼き、若あまご甘露煮、
つぶ貝の和え物。

関西風の素材味をいかした薄味で、食材もどれも柔らかいものばかり。
お年寄りも妊婦も小さな子供にも安心していただける献立のようです。
この日、私たちはお酒を飲んでいなかったのでストイックに味を楽しめました。
お酒を一緒にいただくにはちょっと物足りない塩梅かなぁ。

続きを読む "割烹 瓢箪" »

2005年06月08日

Marmite (マルミット)

枚方にあってマルミット鍋というオリジナルの名物料理が有名なビストロが
近所に移転してきているようなので、行ってみない手はないゾと偵察も兼ねて?
ランチを食べてきました。ランチは毎週木・日曜日に内容が変わるらしいです。

【オリジナルフランス鍋・マルミットとは】
1つの土鍋で4種類(ポトフ→スープパスタ→チーズフォンデュ風→リゾット風)
の料理が食べられるという欧風鍋で、こちらのオリジナル料理だそうです。


Aコース(¥1,000)とBコース(¥2,000)のランチを二人でシェアしていただきます。

こちらはBコースの前菜(コンビネーションサラダ)です。
marmite01.jpg

塩気とハーブ&スパイスをしっかり目に効かせたひき肉の自家製テリーヌです。
外側はベーコン、ソーセージ、サラミが中に入っています。
パンに乗せて食べたらおいしかったです。

Aコースのコンビネーションサラダ
marmite02.jpg

鶏肉のマヨネーズ和えのようなものが乗っています。

Aコースのメイン。Bコースの魚料理にあたります。
marmite03.jpg

ハタのポアレ・ホワイトソース。しっかり塩を効かせたハタの下には小松菜のソテーが
敷かれています。ソースはホワイトソースと黄色いカボチャ入りソースの2色づかい。
カボチャソースがほの甘く、ハタの塩気を緩和させてバランスをとってくれます。

Bコースの肉料理
marmite04.jpg

牛ヒレ肉のステーキ・赤ワインソース。
赤ワインソースはブルーベリージャムとかが入っているのかしら、
ほの甘酸っぱいお味です。
付け合わせのマッシュは柔らかめ。まったりとした舌ざわりで
ホワイトソースでのばしたような滑らかな食感です。

続きを読む "Marmite (マルミット)" »

2005年06月12日

サンタルチア

麗しのマルゲリータに逢いたくてリストランテ&ピッツェリア
サンタルチア(SANTA-LUCIA)に行ってきました。

SANTA_LUCIA01.jpg

マルゲリータは額縁付きの表面パリリ、中はモッチリの生地に
モッツァレラチーズ、トマト、オリーブオイルにバジルの乗った
ナポリの代表的なピッツァ。

トマトってオリーブオイルと合わさると熟した果実っぽくなって
とってもジューシー。あふれ出る果汁に負けないピッツァ生地の
ハリと弾力は、まさにメリハリ・ボディのいい女といったところです。

一緒にオーダーした1500円のBランチの前菜の盛り合わせです。
SANTA_LUCIA02.jpg

前菜自体は冷菜がほとんどでとくに目を見張るようなものはなかったのですが、
フォカッチャ(写真右奥)には感動しました。
ローズマリーと岩塩の乗った表面のパリパリ感!中のモチっとした弾力。
オリーブオイルを付けて食べたりしなくっても充分にオイリッシュかつクリスピーでした。

マルゲリータが女性なら、こちらは骨太で筋肉をしっかりと鍛えた胸板の
厚い男性といったかんじ。
今まで食べていたフォカッチャは、例えるならそのへんの通りすがりのヒトを
テキトーに捕まえて追いはぎみたく脱がせたような。。そんなかんじ。

本日のパスタ
SANTA_LUCIA03.jpg

ボンゴレロッソでした。トマトソース系のパスタはあまり好みではないのですが
アサリの旨味がしっかりと出ていて、酸味が押さえられていたので美味しくいただけました。

Bランチに付いている鶏料理
SANTA_LUCIA04.jpg

フライドチキンにフレッシュトマト、ルッコラなどのサラダが乗って
ワインビネガーがかかっていています。イタリアン・チキン南蛮といったかんじです。
ボリュームたっぷり、でもさっぱりといただけました。

続きを読む "サンタルチア" »

2005年06月13日

うわさの寒天

「ためしてガッテン」にひきつづき「あるある大辞典」でも寒天ダイエットが
紹介されていました。試しに買ってみた少量パックの寒天(スーパー等で市販
されてる寒天ってすごい高いですね。4g×4袋・16g入りで200円くらい)
でデザートを作ってみました。

suika_deza01.jpg

賞味期限のせまっていたココナッツ缶があったので
いちど食べてみたかった「スイカ寒天」を作りました。

スイカってデザートに加工すると、あの瓜の青臭さが前に出てしまうのですが
ミルク〜コンデンスミルクなどよりもココナッツと合わせる方がより臭みを抑え、
まろやかになるようです。
スイカの方はレモン汁とシロップを加えて寒天で固め、
ココナッツミルクは牛乳と砂糖を加えゼラチンで固めました。

うーん、味は??アジアンスイーツ味です。
私はココナッツ味がわりと好きだからいいけど、スイカはやっぱり生がいいなぁ。。
スイカにも寒天にも飽きてたら、いいかな。

2005年06月14日

都会の空も

きれいな夕焼けが見れたりすると得した気持ちになります。

0613yuyake02.jpg

見上げてよかった。振り返ってみてよかった。
寄り道してよかった。

0613yuyake01.jpg

見れてよかったなぁ。

0613moon.jpg

お月もきれい。これは上弦の月位置かしら。満ちていく側の。
少しおぼろがかって黄橙に照っていました。

2005年06月15日

レザミでガレット

「ガレット・煮込料理・ワインの店 レザミ(Les Amis)」の2Fで
ガレットランチをいただきました。

ガレットとはそば粉で焼いた塩味のクレープ(スイーツではない食事クレープ)で
フランス・ブルターニュ地方の伝統的な料理です。
*「ガレット=平たい円形に焼いたもの」の総称。
お菓子のガレットも同じ呼び方です。

ガレットの定番「コンプレット」です。
galette_c.jpg
ハム・チーズ・卵を包んで塩と胡椒で味付けしただけの、もっともシンプルで
ベーシックな基本のガレットです。

生地の端のほうのカリッとした焼き加減、
中のもっちり具合と素材の味がよくわかります。
ふぅ、口にほおばった時に広がるこんがりと焼けたソバ粉の香りがたまらない!です。
生地は薄いのに存在感があって香ばしく、全体がムラなく焦げすぎない
いい焼き加減で焼けています。

ホウレン草・卵・ツナ・マヨネーズの入った「ポパイ」
galette_p.jpg

切り方のせいか、チヂミそっくり。

lesamis01.jpg

ガレットランチは4種類の中からガレットを選び、
サラダ&スープ&コーヒーはセルフで食べ放題です。

続きを読む "レザミでガレット" »

2005年06月20日

扇町プール&天五の鰻?!

暑い!のと日頃の運動不足の解消に近所にある「扇町プール」
という市民プールに行ってきました。

屋内型の温水プールで、大人1回700円です。
ジャグジーや 採暖室(サウナ)もあるしキレイ!でよかったです。
(屋外プールは7/1〜9/4までだそうです)

ogimachipool.jpg

にしても、ちゃんとしたプールで泳ぐのっていったい何年ぶりかしら。。
こんなにもって体力が泳力が低下しているとは思わなかった!
晩の8時くらいまでやっているので、また行ってみよう!

トレーニングルーム(大人600円)も併設しているから、じょじょにでもはじめてみようかなぁ。
セットの方が安くなるし(プール&トレーニングセット・大人1000円)

扇町プール
http://www.sports.city.osaka.jp/sports/sa/tb/i/2/0/0/0/15/20510011/d.html

この日は身体ならしも兼ねてプール・ウォーキングを中心に2時間くらい。
それでも久しぶりのプールにとっても満足!疲れた〜。
昼ご飯をほとんど食べていなかったので、頭がけだるくなるくらい
血糖値が下がっているかんじ。うーん、スタミナ付けなくっちゃ。

という事で鰻を食べに天神橋筋商店街へ。天五で鰻だ!
gyoi_unagi00.jpg

あれ??天五の鰻ってここだと思っていたらちがっていたみたい。
こちら平成15年7月にオープンした鰻専門店「炭火焼きうなぎの魚伊(うおい)」
本店は大阪市旭区の関目で慶応3年から営む鰻卸問屋さんがやっている
お店なんだそう。大阪一のうなぎ卸の老舗らしいです。

注文を受けてから鰻を焼くという、王道の鰻屋さん。
一階のカウンター席は香ばしい!いい香りが漂っています。

お腹がすごく空いていたので(頭がいたくなるくらい!)「う巻き」も注文。
gyoi_unagi003.jpg

ふぅわり口に運ぶとほどけます。上品なお味です。
空腹のせいかほとんど飲み込んじゃった気がします。。鵜呑み。。

続きを読む "扇町プール&天五の鰻?!" »

2005年06月21日

ビワ寒天

寒天デザートシリーズ。ビワ編です。
最近の朝食はもっぱら寒天デザートです。同じのばかりでは飽きてしまうので。。

biwakanten.jpg

そのままだと、ちょっと白ワインがきついように感じたので、
紅茶シロップ(ティーソーダ用のブラックティー)を入れたら美味しくなりそう。

名残りイチゴもシロップ&少量のリンゴ酢に漬けておいて寒天にして
みました。こちらはコンデンスミルクをかけたら美味でした。

続きを読む "ビワ寒天" »

がんこ高瀬川二条苑・庭園

庭がきれいという評判のがんこ二条苑に行ってきました。

Japanese Garden Journalというアメリカの庭専門誌の
2004年ランキングで22位だそうです。
http://www.rothteien.com/topics/shiosai.htm

先日行った無鄰庵と同じ小川冶兵衛の作庭です。

ganko_a01.jpg

12時前でしたが、かなり人が入っていて景色がいい部屋が空くまで、
待たせていただきます。

ganko_a03.jpg

その間にちょっと庭を散歩します。
ganko_a04.jpg

続きを読む "がんこ高瀬川二条苑・庭園" »

がんこ高瀬川二条苑・昼会席

まちにまった食事です!
今日はお昼の特別会席料理のなでしこを頂きます。

ganko_b01.jpg
吹寄せ、吸物、造り

ganko_b02.jpg
鮎の塩焼き

ganko_b03.jpg
そうめん

ganko_b04.jpg
鱧の天婦羅

続きを読む "がんこ高瀬川二条苑・昼会席" »

2005年06月24日

フルッタフルッタ

FRUTA FRUTA(フルッタ・フルッタ)はアマゾンのトロピカルフルーツ
ジュースが飲めるジューススタンド。大阪初上陸!だそうです。

frutafruta01.jpg

フレッシュジュースに目がないのと、目新しいものについ興味がいくので
もちろん飲んでみる事にしました。
さすがアマゾン、知らないフルーツがいっぱい!
名前は聞いた事あるけど味とか知らないアサイー、カカオにカシュー。
クプアス、グラビオーラ、タペレバなんて名前すら知らなかった。
神々しい気がしてきます。

frutafruta02.jpg

とっても気になったカカオの果汁は試飲させてもらって味見したので
美容と健康を重視して??ビタミンCの多いグアバとアセロラの各ストレートを
注文しました。というかどうしてもそれが飲みたかったので、身体が欲していたのかな。
どちらともに砂糖とか甘味をそれほど加えていなくってナチュラル&ヘルシーな味!で
よかったです。
ちなみにカカオの果汁も甘酸っぱくって、はじめての味だけどそれ程
奇抜な味じゃなかったです。

オレンジジュースやヨーグルトドリンクとブレンドしたもの以外に
お好みのジュースのブレンドをオーダーしたり、好きなフルーツを
スムージーにしてくれたりもするようです。

http://www.frutafruta.com/index.html

2005年06月25日

二条城とぎょくえん

以前より一度は行こうと思いつつ、なかなか行けなかった京都の二条城に行きました。
ここは暴れん坊将軍のロケ地として使われたそうです。
nijyojyo01.jpg

目的は(またまた登場ですが)
Japanese Garden Journalというアメリカの庭専門誌の
2004年ランキングで7位の庭鑑賞です。
http://www.rothteien.com/topics/shiosai.htm

nijyojyo02.jpg

国宝がいっぱいらしい?二の丸御殿は時間がなくて今回はパスです。
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/ninomaru.html


nijyojyo03.jpg

さて目的の二の丸庭園ですが、一言で言うと派手です。
大きな石もたくさんあり、橋あり、松ありと
かなり足し算イケイケのイメージでした。うーん。
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/teien.html#1

本丸庭園はもともと枯山水庭園だったようですが、
明治天皇が命じて7ヶ月もの改修をおこなったようです。
しかし洋風の影響を受けていて、庭というより広場のようでした。。
写真はなしです。城内はとても広くて歩くのが大変。

nijyojyo04.jpg

二条城北部の清流園です。
特別公開の期間だけ敷地の中に入る事が出来ます。
秋に作庭40周年記念清流園特別公開実施予定だそうです。
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/teien.html#3

続きを読む "二条城とぎょくえん" »

2005年06月26日

玉一のチヂミ

tamaichi01.jpg

会社の同僚が誕生日という事で誕生会がありました。
好きな店をリクエストする機会に恵まれましたので、
以前から食べたかったチヂミで有名な玉一をリクエストして、
行ってきました!

tamaichi03.jpg

もちろんチヂミをオーダーしたのですが、焼き上がりに多少時間がかかるようで、
先に骨付きカルビの煮込みが来ました。おいしそう!
他にも「春雨炒め」「豚ばら三枚肉セット」もオーダーしましたが、
これもおいしい。ちょっと甘めかなあ。

tamaichi02.jpg

まってましたのチヂミです!
最初2人で1皿にしていたのですが、あまりに美味しくて
もう1皿追加オーダー!
外は薄くてパリッと、中はもっちり。
ナポリピッツァやガレットとは違う食感で、おもしろいです。
機会があれば、また行きたいです!

玉一(たまいち)
住所  大阪府大阪市北区池田町17-4 第1ビル1F
電話 06-6353-8626
営業時間 11:30〜23:00
定休日 無休
Yahoo!グルメ - 玉一

同名のファミリー店舗複数あるので、予約や待ち合わせの際は注意。

2005年06月27日

STAR WARS ep.3を見に行きました。

書くのが少し遅くなったのですが、
6/22のスターウォーズの試写会が当たりましたので、
見に行きました!

swep3_01.jpg

ぴあ様!どうもありがどうございます!
当たってないかとがっかりしていたのですが、
ぎりぎりになってハガキが送られてきてびっくり!
すごくうれしかったです。

swep3_02.jpg

会場はフェスティバルホール。
朝10時から座席指定席と交換という事で、8時過ぎから並びに行きます。
前から7人目でした。ちょっと早すぎたかな。
座席も勝手に決められて、ちょっと。。

6時半にふたたび会場入りします。
金属探知機を持った人が何人もいて、物々しい雰囲気。
デジカメも取り上げられました。。

でも帰りには返してくれたデジカメでコスプレ軍団
(スタッフ)をパシャ。
よく見ると少し微妙。。
でもロイヤルガードがいたので満足です。
また見に行きたいです!
小説を買ったので、公開までに読みたいなあ。

公式HP
http://www.starwarsjapan.com/

フィレ・ド・ポー・ア・ラ・ムータルド

firetdeporc01.jpg

ぼくのはじめてのフランス料理に挑戦しました!
先生は”ル・コルドン・ブルーに学ぶ”という本です。

フィレ・ド・ポー・ア・ラ・ムータルド
(豚フィレ肉のマスタード風味)です。
初めての本格料理にしてはよく出来ました。
フォンドーボーベースのたれは手間がかかったけど
とても美味しい。
トマトのコンフィも絶妙な甘さ。
120点。

(2人前)
豚フィレ肉   300g
エシャロット  1個
ジャガイモ  2個
ディジョン産マスタード  大さじ2〜3
白ワイン  50ml
フォンドボー 100ml
サラダ油  適量
バター 適量
塩、こしょう 少々
トマトのコンフィ 適量

所要時間3時間

キュイス・ド・カナール・オ・ゼピス

filetdecanard.jpg

ぼくのフレンチ2回目は鴨に挑戦です!
キュイス・ド・カナール・オ・ゼピス
(鴨もも肉のスパイス風味)
鴨フィレ肉を使いたかったのですが、手に入らず
もも肉を使いました。グラム98円の安さにつられました。

日本で言えば照り焼きのようです。
リンゴのソテーとの相性が絶妙。
ちょっとオーブンで焼き過ぎてしまいました。
反省。
でも、美味しかったです!
きざんだアーモンドなどのナッツ類を
ソースに加えたらよく合いそうです。
アレンジするならリンゴのペーストにサツマイモを足すのも
ありかなと思いました。
次は魚に挑戦しようかな。

(2人前)
鴨肉 1枚
塩 適量
バタ− 適量
ミックススパイス
ハチミツ 25ml
白ワインビネガー 5ml
フォンドボー 50ml
塩、こしょう 適量

(つけ合わせ)
りんご 2個
バター 適量

所要時間2.5時間

ayumeshi01.jpg

こちらはボクが買い物に行っているときに
pbゆのが作った鮎飯です。
初めての土鍋ご飯だそうです。
ふっくら炊けて鮎の旨味もきちんと出て
こちらも美味でした。
火加減は
強7分:中7分:弱5分:蒸らし5分
土鍋は熱が伝わりにくいため最初に強火で炊くらしいです。

2005年06月29日

アレグリア2を見てきました!

alegria01.jpg

シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)の最新作
アレグリア2(Alegria 2)を見に行ってきました。

いい!とは聞いていたのですがチケットが高価な事もあり、
なかなか行けずじまいでしたが
やっと初めて見ることが出来ました!

alegria02.jpg

感想はというと、ひとことで良かったです!とくに一度も見ていない人は
おすすめできます!
サーカスをベースに演劇+ストリートパフォーマンス+オリンピック?
のイメージです。
音楽、舞台芸術がすばらしく、おもわず会場ではCDを、
家に帰ってから DVDを買ってしまいました。

alegria03.jpg

人が入ってなさそうに見えるのは、開演ギリギリの時間(3分前)に行ったからです。
チケットは1万円ほどしますが、価値ありです。
何回も行きたくなるのは分かりますが、お金がないのでDVDで我慢します。(笑)
会場はかなり小さい子供からお年寄りまで幅広い年代の人が来ていました。
男女の比率も同じぐらいなのが印象的でした。
トイレ等の設備も簡易ながら数もありスムーズで、快適でした。
S席がかなりのスペースを占めているんですが、S席から埋まっていくようなので
いい席でしたら早めの予約の方がいいと思います。

大阪公演
2005.6/26(日)〜2005.9/25(日) 全130公演
南港・新ビッグトップ(収容人数2,800人)
南港・コスモスクエア駅前
(本町駅から地下鉄中央線で15分 コスモスクエア駅下車すぐ)
http://www.alegria2.jp/

About 2005年06月

2005年06月にブログ「panboat blog #4」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年05月です。

次のアーカイブは2005年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。