« 2004年05月 | メイン | 2004年07月 »

2004年06月 アーカイブ

2004年06月03日

あかしあ

のはちみつをお祝いにいただきました!今年は蜂蜜のできがよいそうです。
さらさら、とろり。きれいな蜂蜜です。

akashia01.jpg

上品な甘さとやわらかい香りのする
おいしい蜂蜜をありがとうございました!

大事に食べたいと思います。

2004年06月15日

BALI・はじめの

6/4〜12バリ島へ行ってきました。たくさん写真を撮ったのでどれから
アップしようか迷いました。まずは遠くて近い、近くて遠くのバリ島の

tegararan01.jpg

はじめて見るのに懐かしいような
親しみを感じるライス・テラスこと棚田の田園風景です。

続きを読む "BALI・はじめの" »

2004年06月17日

The BALE

夜9時頃にチェックインしてウェルカム・ドリンク
をいただく。BALE特製レモネード。
マドラーがレモングラスなのがうれしい。
welcomedrink01.jpg

到着した晩に庭で茶色い蛙を2匹見た。夜中は雨が降ったみたい。
でも、すっかり晴れて、さわやかな朝だよ!
thebale01.jpg
スズメ、ハチドリ・・・小さな小鳥や虫がいる。
水の流れる音がずっとしていて心地よい。
プールの水は思ったよりも冷たいよ。
風もやさしいやさしい。
prumerira01.jpg
花のせいかな、やっぱりいい香りがするよー、
バリの空気。プルメリラの花大好き!

続きを読む "The BALE" »

バリ足

香港足といえば水虫の事ですが、バリでの足についてです。
まず交通手段として電車がないので移動に苦労します。
jyaranjyaran01.jpg

TAXI(TAKSI)はあるけど、日本でいう白タクもたくさんいて
けっこうデンジャラスなのです。
なのでメータータクシーを利用するのがまず鉄則です。
日中ならクタにあるDFSとPLAZA BALIなどの免税店に行くと
TAXI代を負担してもらえるので上手く利用したいです。

私たちはバリに着いて2日目、顔みせ&挨拶の為に
各Hotelをまわりました。
今回のバリは挙式&ハネムーン旅行なのです。

行きはThe BALE(ヌサドゥア)からDFS(クタ)までTAXIを呼んでもらう。
そこから DFS専属のTAXIに乗ってアラムクルクル(クタ)へ。
*安全かつ親切な人にあたる率が高い。まずボラる心配もないです
alamkulkul00.jpg
アラムクルクルのロビーにある立派なポトス。
日本だと葉は小さな子供の手の平くらいのサイズなのに、
バリではキリンの顔くらいあるはある!大きな葉っぱにひとり感動。
アラムクルクルのパパスカフェで一休み。
クタビーチが目の前にひらけていて風通しもいい。

アラムクルクルからPLAZA BALI(クタ)行きでTAXIを呼んでもらって、
パーティ後のゲストへのお土産を買う。そこから定期的に運行
しているバスでヌサドゥア地区へ入る。
ヌサドゥア・エリアならThe BALEの24h無料送迎区内なので
動きもとりやすく、帰りも安心。

hyatt00.jpg
ハイアット王国と呼ばれるだけあって、とにかくデカイ!
プライベート・ビーチも悠々とパノラマに広がる空と海!

westen00.jpg
ウェスティンのロビーと廊下。こちらも半日くらい迷えそう。
国際会議場みたいな所が併設されているせいか
ビジネスマンも多く見られる。ロビーの天井が高い!

続きを読む "バリ足" »

ティルタ・ウルワツ

6/6挙式。午前中にSPAを頼んだ。
控え室で着付け&ヘアメイクをしてもらう。
rinda.jpg
ブーケとブートニアと借り物のリンダ。
リングは際々に買いに行って間に合わなかったので、
ショップで借りた物。something bollowといえばそうなるんかな。
それがそれが、借りてるのを忘れまいと箱を入れた紙袋にメモを
「かりものリング」としたつもりが「かりものリンダ」になってた。
だからこのリングはリンダっていう名前。
頭でわかっていて手がちがう事書いちゃった。
昔、英語のテストで cakeをboatって書いたの思い出したよ。

wedding01.jpg
式場から海が見えるせいか、気持ちはしんとして落ち着いていました。
神父さまのインドネシア語はおまじないみたいに聞こえました。
アップグレードしたフラワーロードはペタペタ足の裏にくっつきました。
裸足だしリラックスできました。

tiruta01.jpg
式場はインド洋を見渡す崖っぷちにあって、
本当に絶景!見事な景色に感動しました。

続きを読む "ティルタ・ウルワツ" »

ティルタ・ウルワツ 2

2004年6月6日(日)夕方5:30
私たちはバリ島のティルタ・ウルワツで結婚式を挙げました。
tirtauluwatu000.jpg

ティルタウルワツでの挙式について、
個人であまり書いているページがないようで、
ご質問など書き込み等をしていただいたり、
情報収集されている方が多いようなので、
少しでもお役にたてたらともう1ページ作る事にしました。
(他人の結婚式なんて興味ないもんだろう、とか
ちょっと恥ずかしかったり、で1ページしかなかったのですが)

tirtauluwatu001.jpg

私たちの場合、ゲスト数は全部で(ちびっこ含む)12〜13名
だったのでオプションで送迎車を1台追加しました。

他にオプションで別で頼んだものは、
基本ブーケ&ブートニアとおそろいのヘッドピース、
アップグレード・フラワーロード、
&新郎新婦の衣装を持ち込みしました。

ヒトそれぞれ、カップルそれぞれに自分たちなりのこだわり等が
あると思いますが、私たちの場合は西洋式だけど少しバリ・テイストがあったり、
挙式場に合う『モダン・アジア』なイメージで『シンプル・ナチュラル』な
ものにしたいと思っていました。
新郎新婦のスーツ、ドレスともに新郎の弟の手づくりです(縫製は工場に発注)

とくに新郎の衣装は「暑くるしくない、固くなりすぎない」ものをオーダー。
いくつかピラピラのついたようなドレッシーなデザインのものも提案して
もらったりもしたのですが、うすめのアジア人顔&普段着慣れないものは、
やはり浮いて見える!という事で素材もざらっとした麻&綿のカジュアルな
かんじにしてもらいました。ただし、軽すぎて病院から抜け出してきた
ような衣装にならないように。気をつけました。。
見えないと思いますが、中は襟付きのプルオーバーシャツに白い糸で
刺し子刺繍が入っています。


新婦のドレスはラインを美しく、飾りけのないものを。そのぶん
安っぽい質感にならないように、総シルクで仕上げてもらいました。
自然素材のもつ光沢にティルタの式場にある自然の空の色やらが、
映り込むように・・・。生花とも合うように。です。
潔く、固くなく、新婦はベールも手袋もなしです。

フラワーバージンロードを靴で踏むのがかわいそうだし、
バリ人の方々も裸足だし、現地で相談して
ふたりとも裸足のウエディングにしました。

裸足って石の温度や花を踏む柔らかい感触がダイレクトに
伝わって、きもちいいですね。おかげで全身全霊で挙式に
望めたように思います。

続きを読む "ティルタ・ウルワツ 2" »

2004年06月18日

ゼロゼロセブンな

The BALE最終日です。現地発音では巻き舌気味で「ザ・バリィ〜〜」
私たちの宿泊したのはワンベットルームヴィラで、ルームナンバーは#6でした。

bale_azumaya.jpg
東屋のある風景

bale_sofa.jpg
ソファ周辺

bale_goods.jpg
蚊取り線香もスタイリッシュなのです。
部屋の入り口からサンスベリアが植えられていました。
植物の背丈もちゃんと揃っています。

続きを読む "ゼロゼロセブンな" »

The AHIMSA

次はスミニャックにあるジ・アヒムサです。
ヴィラの扉をあけると、かしずくような仕草の
やさしい石の像があります。
ahimusa_iriguchi.jpg
空きがあったらしく1ベッドルームから2ベッドルーム・ヴィラへ
アップグレードしてくれました。

ahimusa_jangle.jpg
庭は植木の種類がバラバラなせいか、ちょっとジャングル・チックです。

ahimusa_pool.jpg
エキゾチックな赤い傘が印象的なプール。
アヒムサを設計した建築デザイナーさんは日本建築を
勉強されたとか。

続きを読む "The AHIMSA" »

アヒムサ周辺

にはカフェやレストランが充実しています。

バリ・デリという輸入品を扱うスーパーマーケットです。けっこうお高いですが、
近くにスーパーがあると、なんとなく安心。
balideli01.jpg
このBaliDeliにあるカフェがなかなかよかったです。
田んぼではありませんが牧草地のようで牛が放牧されていてのどかです。
balideli02.jpg
木漏れ日の差し込む木陰のテーブル席が気持ちいい。
balideli03.jpg
フレッシュ・キゥイ&グアバとキゥイジュース。

続きを読む "アヒムサ周辺" »

2004年06月20日

Kayumanis 

ウブドのカユマニス・プライベート・ヴィラ&スパへ。
今回、ここに泊まる為に滞在期間を延ばしました。
期待しすぎないように!でもやっぱりとても楽しみ。

kayu_kanban.jpg
何もなさそうな山道。看板が見えてきました。
少し早めに迎えに来てもらったので、チェックインまで
時間がありました(チェックイン2時から、チェックアウト12時)
kayu_telas.jpg
ダイニングのテラスで待たせてもらいます。
ウェルカム・ドリンクを選ぶと軽食も出してくれました。
welcomefood.jpg
フルーツトマトとアボガド、のブルスケッタです。
フレッシュ・バジルとオリーブオイルにまろやかな塩味で
とってもおいしい!!

続きを読む "Kayumanis " »

2004年06月21日

TEWEL

ルームネームはティウェル。家具にしたりもする丈夫な樹木の名前
なんだそう。そういえば長野県の乗鞍岳で泊まったペンションも
お部屋に高山植物の名前をつけてたなぁ。
「ちんぐるま」っていう部屋名がどうしても恥ずかしくて嫌だったよ。
kayu_door.jpg

リビングと蚊帳付きのソファベット。キッチンもある。
kayu_liv.jpg

ベッドルームだよ!シックでいいかんじ。
kayu_bed.jpg

部屋にサービスで付いているカユマニス特製メイプル・クッキー。
苦手な人でも大丈夫なくらいのほんのりシナモンの香りで
kayu_cookie.jpg
すごいおいしい!いっぱい食べても、
毎日補充交換に来てくれる。それがまたしあわせ。

続きを読む "TEWEL" »

2004年06月25日

グリン・グリン

この春に沖縄から取りよせ、大事に育てたという立派なクワズイモ
の鉢植えをいただきました!
kuwacchi.jpg
ドリルのようなロール芽がハートの形に広がるんですね。
いただいたクワっちは元気にしています。Sさん!ありがとうございます!

こちらはパキラとアイビーの寄せ植えです。
pakira.jpg
これもいただきものです。パキラの幹がのぶとい!
アイビーって★みたいで、すきな形の葉っぱのひとつです。
Rさん、ありがとうございました!

続きを読む "グリン・グリン" »

About 2004年06月

2004年06月にブログ「panboat blog #4」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2004年05月です。

次のアーカイブは2004年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。