メイン

10カフェ&レストラン アーカイブ

2004年07月24日

メンサ*ポンテベッキオ

いつも行列ができている関西で人気のイタリアンレストラン
阪急ダイニングステージにあるメンサ*ポンテベッキオ
食堂カジュアル版のお店でランチしてきました。
(mensa*は食堂という意味だそうです)

ponte01.jpg
料理名ウロ覚えです
(短角牛の炭火ジラローストとブロッコリーのビネグレットソース)
のようなかんじだったと思います。

ランチは¥2,100でボリュームたっぷり!
パスタ5種、メイン5種、デザート3種の中からそれぞれをチョイスします。
自家製パンのおかわりを何回も持ってきてくれます。
(まわってくる度にいただいたので、デザートを
残してしまいました。もったいなかったです)

続きを読む "メンサ*ポンテベッキオ" »

2004年09月04日

Cafe NEWS

シェ・ワダのニュースカフェでお茶しました。
cafe_news01.jpg
ここのケーキは見た目に美しいものがたくさんあるので
どれがどんなケーキなのか全部質問したくなります。
頼んだのはホワイトチョコとフランボワーズのチーズムース
選ぶもののせいか、まったり、こっくりした
甘さは控えめで濃厚なタイプのものが多い気がします。

cafe_news02.jpg
夏期限定のかき氷、ベリー&ミルクのおしゃまな氷です。
氷もけっこうふわふわです。シロップがけの雪みたいに
おとぎ話に出てきそう!でした。

続きを読む "Cafe NEWS" »

2004年09月18日

Takeuchi Cafe

takeuchi01.jpg

きょうはひさしぶりにTakeuchiのパンに行ってきました!
でも、2階のカフェでランチが目的です。
以外に知らない人が多いみたいです。
楽しみです。

続きを読む "Takeuchi Cafe" »

2004年09月28日

トラットリア・アルチェントロ

今日はトラットリア・アルチェントロへランチを食べに行ってきました。

trattoria_al01.jpg

こぎれいな格好をしていった方がいいかなぁというスフィーダ・アルチェントロ
の兄弟店で、価格も¥850、¥1300、¥2500と
こちらはカジュアル&手頃なかんじ。

¥850のAコースでも、
前菜盛り合わせ、日替わりパスタ(ロッソ、ビアンコ、クリームの3種からチョイス)、
パン、デザート、エスプレッソと付いていてお得感があります。

続きを読む "トラットリア・アルチェントロ" »

2004年10月04日

自由軒

ひがし茶屋街巡りの途中、 自由軒で
11:30openすぐ、早めのランチをとります。

jiyuken01.jpg

プレートセットは自由軒の人気ナンバーワンメニューの
豚&牛肉をじっくり煮込んだ醤油ベースのオムライスと
金沢の台所といわれる近江町市場で仕入れたカニ&エビが
たっぷり入ったクリームコロッケが付きで(998円)とお得。

クリームコロッケ絶品!おいしかったです。

続きを読む "自由軒" »

2004年11月16日

三福園 の焼き肉

mifukuen01.jpg

焼き肉を食べに三福園 に行ってきました!
http://www.mifukuen.com/

値段がリーズナブルに対して美味しいと思いました。
コストパフォーマンスが高いということでしょうか。
店員さんも元気できびきびとしていました。

ただ、行った時間が遅かったからか上が売り切れていたので残念でした。
メニューが店の前にあるので撮ってみました。
ぜひ、また行きたいです!

mifukuen02.jpg

2004年11月20日

OAPのやぶそば

yabusoba01.jpg

新そばをたべにOAPのやぶそばに行ってみました。
神田のやぶそばにはいったことがないので違いが分からないのですが、のれん分けをしたそうです。

特徴は、、
ちょっと、めんが緑がかっている。
量が少ない。
というかんじでしょうか?
高級感をイメージする店構えなのですが、店員さんの応対ががさつでちょっと不満でした。
個人的な意見ですが、味はふつうなかんじです。通おうとは思うかんじはありませんでした。

やはり、うどんのほうが好きみたいです。。

2004年12月04日

クイーンアリス

阪急梅田のダイニングステージのクイーンアリスで
ディナーを食べました。
2〜6種類あるメニューの中から今回はこれらをオーダーしました。

pan.jpg
最初にテーブルにセットされているタワー型のガラスの器の
トップにはパンが入っています。パンは食べ放題のようでした。

2〜6種類くらいずつあるメニューの中から私たちはこれらをオーダーしました。

【前菜】
zensai.jpg
  鴨胸肉の軽いスモークといんげん豆と木の子のサラダ 砂肝のコンフィー添え
  手長海老・帆立貝・白身魚の健康サラダ ベトナム風

【温前菜】
foagura.jpg
  フォアグラのソテー 大根添え

【スープ】
soup.jpg
  栗の冷製ポタージュ
  ソバの実と鴨団子のコンソメスープ 三つ葉の香り

続きを読む "クイーンアリス" »

2004年12月10日

明治軒

のオムライス&串5本セットです。
meijiken.jpg

外で食べるオムライスでは明治軒のがとくに好きです。

いつも定番の特製デミを使ったビーフオムライスと牛串カツのセットを
頼みます。他のメニューもおいしそう!な洋食ばかりなのですが
いつもいつも迷っているフリをしては同じものを注文しています。

http://www.shimizu.or.jp/html/shop/interview/meijiken/
http://www.shimizu.or.jp/html/shop/interview/meijiken/

ネスパ

急に思い出したように食べたくなったネスパのコロペットです。
日替わりランチの野菜コンソメのスープ
nesupa01.jpg
創業1949年の歴史ある洋食屋さん。ここで登録商標されているオリジナルの
定番&看板メニューのひとつがコロペットです。クリームコロッケ・プラス・具、というのでしょうか、
牛、エビ、豚、鶏など色んな素材を使ったコロペットがあります。
nesupa02.jpg

日替わりランチの毎週水曜は変わりコロペットの日だったようで、
エビ&チーズと大葉&鶏のコロペットでした。
(食べかしの写真でごめんなさい)

http://www.colopet.jp/

2004年12月20日

スエヒロ

以前からちょっと気になっていた天六にある洋食屋さんスエヒロに
行ってきました。古くからある昔ながらの洋食屋さんです。
suehiro01.jpg
日曜日の午後3時頃だったのですが、
入れかわり新しいお客さんがやって来ては並ぶといったように
店の前には短い列がとだえることなくできます。

suehiro02.jpg

よく出るのはA定食(ハンバーグ&エビフライのセット・ライス付きで¥1,050)だそうですが
朝から何も食べていなく仕事をしたあとのごほうび!という事で奮発して
B定食(ヒレステーキ&エビフライのセット・ライス付きで¥1,890)にしました。

続きを読む "スエヒロ" »

2005年02月25日

青竹庵の天丼

最近、ほんとに出かけていなくって食べ物の話題ばっかしです。
これは近所のデリスタという地下食料品売り場内にある青竹庵の天丼です。

tendon.jpg

デパ地下やらに入っている食べ物屋さんは狭いけど、けっこう美味しく気軽に
食べられて好きです。(とくに京都の大丸とかは普段だと敷居の高そうだったりする
人気店が充実しててよかった)
と、自分が丼ぶり物が大好き!という事に気がつきました。
さらに言うならこの丼という漢字まで好き。井の中の点がなんかいい。

いちごジュース

フルーツショップで頼んだ苺のジュースとキゥイジュースです。

ichigojuce.jpg

ちょっとシロップ入れすぎちゃうんかなぁ、と思ったけれど
フレッシュジュースはおいしいおいしい!

やっぱジューサー&ミキサー欲しいなぁ。
ミキサーだけだとわりと安いんだけど、ジューサー機能が付くと急に値段が張る。
ドロっとした繊維がのこるとまずく感じるジュースも
けっこうあって苦手なのです。

ミキサーで作ったジュースの方が健康にはいいんだろうねぇ。
けれどもだんぜんジューサー派です。

2005年03月28日

北極星

のオムライスです。オムライスはここ北極星の先代の
社長、北橋茂男さんが1926年に考案したと言われています。
いつもオムレツとライスしか頼まない、胃があまり丈夫でなかった
常連客の為にライスをオムレツで包んだ料理を作ったのが初めだそうです。
(東京では「煉瓦亭」が元祖と言われているみたいです)

hokkyokusei03.jpg
今回頼んだのは小海老フライ2本(といってもちゃんとシッポ付のやつ)と
サイコロステーキ付のミニオムライス(女性なら充分な大きさだと思います)
ドリンク付きで1300円。オムライスはチキン、きのこ、ビーフの中から選べます。

北堀江、淀屋橋や大阪港の天保山マーケットプレイス内の
「なにわ食いしんぼ横丁」にもあるみたいですが、
今回は道頓堀川から近いアメリカ村のはずれにある本店へ行ってきました。

hokkyokusei01.jpg

アメ村にあるとは思えないような趣を感じる日本家屋のレトロな建物です。

hokkyokusei02.jpg

中庭のあるお座敷でオムライスをいただきます。
中庭にはスズメや山鳩がきたりしてアメ村の喧噪の中にあるなんて思えない
いい雰囲気です。

お昼や晩飯どきはもちろん混みあうので、少し時間をずらした
ゆったりできる時間がオススメです。

続きを読む "北極星" »

2005年04月03日

THE 倶楽部キュイジーヌ

知り合いのブログを見ていたら、どおしても食べたくなったのでディナーに行ってきました。
http://blog.kansai.com/moumouPrincess/37
ずっとずっとパートナーの仕事が忙しかったので晩ご飯を一緒に食べるのも久しぶり。
ひとり4000円のおまかせコースを予約しました。仕事がんばったご褒美です。おつかれサマ!

cui02.jpg
まずはアボガドとサーモンのタルタルです。ガーリックトーストにのせてカナッペにしていただきます。

cui03.jpg
鶏の白肝のサラダ。生で食べられるくらい新鮮な鶏肝をかるく焼いてあります。
クセもなくさっぱりいただけます。

cui04.jpg
サバフグの唐揚げ。次々と料理が運ばれてきます。

cui05.jpg
大アサリのパン粉焼き。エスカルゴ料理みたいなバター&ガーリックの風味の効いた味。
大アサリはハマグリくらいのサイズでさ程大きくはないけれど、貝の濃厚なうまみがたっぷり。
食べやすく身を刻んであったのもよかったです。

続きを読む "THE 倶楽部キュイジーヌ" »

2005年04月04日

クゥードフランス

冬眠から目覚めた熊のようにあたたかくなって急にうろうろ動き出しました。
今日は記念日なので2月28日にニューオープンしたばかりの
フランス料理店「CŒUR de FRANCE(クゥー・ド・フランス)」のランチに行ってきました。
2800円(ひと口前菜、スープ、肉or魚のメイン1皿、デザート、パン、ドリンク)と
3800円(ひと口前菜、前菜から一皿、パスタorスープから一皿、肉or魚のメイン1皿、
パン、デザート、ドリンク)のランチをふたりで頼んでシェアしていただきます。
前菜やメインはプリフィクススタイルなのでメニューの中から選ぶのですが
どっちの何が何なのか途中でわからなくなってきましたが
ギャルソンの方がとっても親切丁寧、でも気さくに説明していただきながら
だったので自分の食べたいかんじのものをちゃんと選べました。
スタッフの方たちも皆、話しやすくていいかんじです。

まずは本日のシェフのひと口前菜です。
cf01.jpg
ポークのリエッタとトマトのカナッペ。リエッタはちょっと目の荒いパテみたいなペースト状のもの。
クセもなく食べやすいです。フランスパンのカリカリ加減もいいかんじです。

前菜/オマール海老と季節の野菜
cf02.jpg
マスタードのような風味が春野菜とよく合います。上にのったフェンネルとチャービルが
繊細なヴィジュアルできれい。フルーツトマトのカクテルって書いてあった気がしますが、
トマト見当たらないからソースに入っているのかちがう季節野菜にしたんかな。

スープ/空豆のポタージュスープ
cf03.jpg
空豆の他に海老やズッキーニが具として入っていました。
赤い粉はパプリカかな。ちょっとした色の演出もほどこされた柔らかい味わいの春色スープです。

パスタ/海老とホタテのラビオリ
cf04.jpg
アメリケーヌソースはコクと品があって絶品でした。中の海老もプリプリ!
ひと手間かけて白いメレンゲをあしらったり、緑のはパセリではなく、ちゃんとチャイブを使っている所がウレシかったです。
それにしてもラビオリって餃子に似てるなぁってつくづく思います。

メイン(魚料理)/ガシラのポアレ
cf05.jpg
最近久しく食べてないなぁと思いガシラを選びました。口の奥にタラゴン発見。
タイムもかかっています。嫌みにならない絶妙な加減のハーブづかいがよかったです。

メインはクロッシュの演出がありました。昼間っからなんとも贅沢です。クロッシュとは
よく「ごちそう」のイメージに出てくる銀のパカってあけるドーム型の帽子みたいなやつです。

続きを読む "クゥードフランス" »

2005年04月06日

お花見できるテラスでランチ

前からちょっと気になっていた「TERRE-á-S (テラス)」という
カフェレストランでランチをしました。

terreas_lunch.jpg

日替わりランチを注文しました。チキンソテー・ナッツたっぷりストロベリーソースです。
梅ドレッシングのかかった大根サラダ。チキンの下にはマッシュポテトが敷かれています。
松の実、くるみ、アーモンドなどがキャラメル状のストロベリーソースにからめてあります。

がっつり食べたい人向けの量はないと思いますがチキンの焼き加減とか味付け、
丁寧に作られているように思いました。
パンとライスを選べます。ドリンク付きで1000円です。
他にパスタやグラタンの日替わりランチもありました。

terreas02.jpg

京橋から歩いてちょっと。目の前に東野田公園があるのどかなロケーション。
今日はあたたかく、せっかく桜が咲いているので外のオープンテラスの席にしました。
ね、桜見ながら食事できるなんてこの季節にもってこいです!
もちろんお茶もできます。お酒も飲めます。

続きを読む "お花見できるテラスでランチ" »

2005年04月09日

わら家

香川に里帰りしました。四国へ行ってうどんを食べない手はないゾと
今回は「わら家」に行きました。

waraya01.jpg

久しぶりに訪れたら店の棟がちょっと変わっているらしいです。
団体の観光客の受け入れもしているみたいなので建て替えしたのかな。

waraya02.jpg

釜揚げうどんが名物のようですが、この日は暑く冷たい、しかもザルではない
ぶっかけタイプのものが食べたくて醤油うどんを注文しました。

waraya03.jpg

てっきり「だし醤油」をかけるものだと思っていたら、まんま生醤油!
薬味にはかつお節、刻みネギ、ショウガ、おろし大根が付いています。
(しかもヨリによって二人とも仲良く同じ物をオーダー。だし醤油もらう事もできません!)

味はあたりまえだけど冷や奴みたいな醤油味。
麺は太めで腰がつよく男性的な印象でした。
家ではたいてい天かす、もみのり、わさび、すだち、温泉卵とかを
トッピングしているので極めてストイックなかんじがしました。

http://www.shikokumura.or.jp/waraya/waraya.html

てんぷらの天安

tenyasu01.jpg
きょうは両親に高松で一番美味しいと評判の天ぷら屋さんの天安に
連れて行ってもらいました!
アリガトウゴザイマス!

tenyasu02.jpg
2階の個室の座敷で揚げたてのコースをいただきます。
目の前で大将が揚げてくれたものを
すぐに食べられるので、とてもおいしいです。

tenyasu03.jpg

外はさくさく、中はほっこり、
口の中でほろりととろける名物の穴子は、絶品です!

tenyasu04.jpg

食べるペースをはかってタイミングよく次々と揚げたてが出てきます。
こういうところで食べる天ぷらは初めてだったので、
新鮮で、とても美味しかったです!
http://kagawa.e-machi.ne.jp/106302/

2005年04月11日

クオカショップ高松

人から聞いて気になっていた東京にもあるクオカショップの高松店へ
寄ってみました。(もともとはここからはじまったのかな?)

cuocatakamatsu01.jpg
お手軽素材からマニアックな材料まで
ありとあらゆるお菓子の材料や道具が揃っています。

本わらび粉は100g 1260円。けっこうお高いものなんですねー。
100パーセント本わらび粉を使ったわらび餅を食べた事ないなぁ。
今まで口にしてきた物はきっと、ほとんどでんぷん餅なんでしょう。

あ、バルサミコ酢も置いていました。1本欲しいと思っていたのですが
どこの物を買っていいかわからなかったのです。グロソリ/アチェート・バルサミコ
と書いてます。お酢って苦手なぶん慎重になります。
小さな瓶入りで3万円近くするものも置いてありました。すごいなぁ。

http://www.montebussan.co.jp/foods/sp_200105.html

他に今回はH.T.EMICOTTメープルシロップ(No.2アンバー)250ml
とCHELSEAソフトブラウンシュガー500gを買いました。

メープルシロップは「色」や「香り」など様々な条件によって、5種類に分類され、
春先のもっとも早くに採れたものが「エキストラライト」
順に「ライト」、「ミディアム」、「アンバー」、「ダーク」と分類されるようです。
順に薄い色から濃い色へ。あっさりした味と風味から濃厚な味と香りへとなるそうです。
今回買ったメープルシロップは、はなまるマーケットやどっちの料理ショーでも
紹介された品だとか。ついつい色々欲しくなります。

併設しているクオカカフェでブランチをとる事にしました。
cuocalunch01.jpg
ブランチプレート (¥980/税込  ドリンクセットプラス¥320)

【4/10(日)〜4/12(火)のブランチメニュー】

自家製パン ・チキンレバーパテ
自家製ミニハンバーグと木の子の煮込み
ほくほくジャガイモのジェノベーゼ
春キャベツのポタージュ
いろいろ季節野菜と海草のサラダ 
本日のキッシュ

cuocalunch02.jpg
本日のキッシュはゴルゴンゾーラチーズのキッシュでした。自家製ミニハンバーグと
木の子はトマトであっさりと煮込んであります。海草サラダには旬のタケノコやさやえんどう豆、
ワカメ、ヒジキなどが入っていてどれもとってもヘルシーです!この他にそら豆のムースも
付いていて、お腹いっぱいになりました。

続きを読む "クオカショップ高松" »

2005年04月14日

グリル樹林亭

近所に評判のいい洋食屋さんがあるときいて気になっていたので
行ってきました。

名物のハンバーグランチ(卵のせ)はスープ&ライスが付いて900円です。
kirintei_lunchi01.jpg

ハンバーグには卵ホール?が。黄身がのっかるように真ん中がくぼんでいています。
ブラックペッパーがきいていていて大人の味です。コクがあるのに脂っぽくなくって
スッキリした味わいです。

ビーフカツカレーはミニサラダ付きで1200円。
kirintei_lunchi02.jpg

そういえばビーフカツのカレーってはじめて食べました。今日はめずらしくカレー気分
だったのと、ここはステーキやビーフカツなどの牛肉メニューが有名という事で選びました。
こちらもスパイス、とくにコショウがきいていてスッキリ味。鼻にぬけるデミ・ソースの香りかぐわしい
ビーフカレーです。ビーフカツの揚げ加減もGood。

味もコクもあるのに、どちらも胃もたれしないのがいいですね。
夜もエビフライ付きハンバーグが1500円くらいからとお手頃なかんじです。

続きを読む "グリル樹林亭" »

2005年04月17日

ぎをん梅の井

祇園で鰻を食べました。当初「お茶漬鰻」が名物の『かね正』へ行く予定でしたが
木・日曜定休日で閉まっていました。(千鳥酢のお店も休みだったし、こんどリベンジ!)
地元の方に尋ねたところ、鰻なら『梅の井』も古くから続く名門の鰻屋さんだそうで
ふたりで2千円くらいの予算オーバーでしたが、せっかくなので入ってみる事にしました。

こちらは舞妓丼
umenoi01.jpg

鰻が半身ときんし卵、きざみ海苔の乗っています。
小ぶりの丼ぶり茶碗に少なめのご飯で見た目もお上品なかんじです。
お漬け物が付いています。

うな丼(上)
umenoi02.jpg

うな丼の上にきんし卵をトッピング。思ったよりきんし卵まみれ、、
というか埋もれています。こちらもお漬け物付。
中は丼ぶり茶碗。上と特上はお重で出てきます。単品で肝吸も注文しました。

鰻はちょっと苦手な方なのですが、
苦手なぬめりや泥くささなんて全くないし
ふわりと上品、ちょっぴり香ばしい風味があって美味しかったです。
肝吸も淡白ですが昆布のおだしの奥ゆきのある味わいでした。

続きを読む "ぎをん梅の井" »

2005年04月18日

上海食苑

天満市場内に上海食亭の名称で上海点心屋台として誕生して以来、
美味しい小龍包が食べられるとして関西で評判となりました。
市場の北側に店名を上海食苑本店と改めてお店をオープン。
屋台風情はなくなりましたが本格点心はもちろん健在。
リーズナブルな価格で食べられるのが魅力的です。

小龍包(4個・420円)

shoronpo.jpg


一級点心士の資格を持つという職人が作る点心はどれも評判が高いのですが
中でもジュワっと肉汁たっぷりの小龍包は絶品です!

ランチタイムはさらにお得なセットメニューをやっています(11:00〜14:30)

小龍包定食(750円)

shanghaisyokuen01.jpg
小龍包4個、中華炊き込みご飯、上海サラダ、スープ、漬物

中華炊き込みご飯には人参、白菜などの野菜がたっぷり入って
やさしいうまみたっぷりの味付けです。お漬け物はザーサイ&メンマ。

点心ミックス定食(780円)

shanghaisyokuen02.jpg
小龍包、蒸し餃子、蝦蒸し餃子、もち米焼売、春巻きとキャベツサラダ、ご飯、スープ、漬物
*ご飯は、中華炊き込みご飯、高菜中華麺、中華粥、白ご飯の中から選べます

中華粥が時々食べたくなるのでお粥をセレクトしました。
各点心はそれぞれ個性がよく引き立つような皮と具のマッチングです。
蝦餃子の皮が透明じゃなかったのがちょっとザンネンかなぁ。


他にも上海焼き餅定食(730円)や蒸し餃子定食(680円)、
特別日替わり定食(700円、平日のみ)などお得なメニューが色々あります。

続きを読む "上海食苑" »

2005年04月25日

ゑんどう寿司

大阪中央卸売市場に本店がある『ゑんどう寿司』に行きました。
ここのお寿司は「にぎり」のではなく「つかみ」寿司です。
先代が明治四十年に考案されたという、にぎりこまない独特のつかみずしは
口の中に入れるとふわっとほどけて、こぼれるような温かいごはんです。

endosush02.jpg

一口でほおばれるちょっと小ぶりのお寿司が5貫一枚のお皿に
乗っています。ふたりだと種類を多く頼めないのが難点。

endosush03.jpg

穴子は大阪風の棒寿司です。
わりと早い時間だったせいかテイクアウトで買って帰るお客さんも
ちらほらいました。

endosush04i.jpg

孤高の蚫寿司です。庶民の私の口に入るのは年に2回くらい。
固すぎずコリコリとした食感です。とくにこちらの酢飯には昆布を
よく使っているのか、昆布の風味がふくよかに口の中いっぱい広がります。

ちなみに私は貝、イカ類はサビ抜き希望です。魚類ならばいいのですがツルっとした物って
ワサビに味負けてしまって味わかんなくなりませんか?
こちらのお寿司屋さんではホースラディッシュを使ってるようです。
生の本ワサビならまだ大丈夫なのになぁ。。

続きを読む "ゑんどう寿司" »

2005年05月19日

おちゃらん屋

パートナーがうどんの国出身なのでふだんはあまりラーメンを食べに行きません。
でも時々食べたくなるラーメンがここ「おちゃらん屋」さんの天塩(てしお)ラーメン。
(ずっと「あちゃらん屋」だと勘違いしてました。。どおりで検索しても出ないわけです)

acharanya.jpg

塩以外に醤油、味噌とあります。どのラーメンも調味料をこだわって使い分けています。
塩も伊・シシリー島産の岩塩を使ったとんこつベースの「天塩らーめん」、
仏・ゲランド海水の塩を使ったピリ辛の「海晶らーめん」、
丸鶏ベースに鰹節・サバ節のあっさり系スープの内モンゴル産の塩を使った
「白鵬らーめん」と内モンゴル産醤油の「青龍らーめん」。
小豆島産醤油の「お紫(おむら)らーめん」他にも「焙り味噌らーめん」、「玄つけめん」etc.etc...

でもいつも頼むのは、天塩らーめん、焼豚大盛り(こってりバラ肉)+半熟煮卵のトッピング。
キムチ&メンマ食べ放題なので、メンマをたっぷり入れていただくワンパターンです。
豚骨&鶏ガラでとった白濁したまろやかなコクのある塩とんこつ。仕上げに背脂、でも不思議とくどくない。

オーストラリア産一等小麦と名古屋コーチンの卵を使った自家製麺に
チャーシューは山形県米沢産の天元豚と調味料の使いわけ以外にも
自然素材を積極的に取入れていて、化学調味料味がほとんどしないので
へんな喉のかわき方しないのがいいです。
熱い&化学調味料味がきついのが苦手でラーメンがあまり好きじゃない鶴も、
ここのなら美味しくいただけるみたいです。よかった。

JR大阪駅の大改修工事に伴いフードコート・ダイニングロード(DINING ROAD)が取り壊されて
2005年3月1日に新たにオープンしたフロートコート(FROAT COURT)内にあります。
他にもなんばウォークなどにも店舗があるようです。

2005年05月28日

ラ・トォルトゥーガ 

久しぶりに関西UMEXの会に行ってきました。
前々から気になっていたお店、
ラ・トルトゥーガ (La Tortuga) というフレンチ系レストランです。

UMEXとは、、、
”UMEXは1985年12月に命名された、コンピュータグラフィックス分野の
ハードウェア及びソフトウェアの教育、研究、開発、設計に従事している人々の
交流を計り、親睦を深める目的で東京に於いてスタートしたサロンです。”
-HPより抜粋-
http://www.umex-kansai.net/
関西の場合は固いことをヌキにして気軽に会って食事会でもしましょう。といったかんじです。
間違ってたらスミマセン!

今回は全員で5名の参加。コース料理をいただきます。たのしみです!
飲み物は白ワインを一本オーダーしました。若干濁っている濁酒だそうで、めずらしいです。
おいしいと評判のパテと薄くスライスしたフランスパンが出てきました。
鶏肉のパテのようです。コクがあって鶏の旨味が凝縮されています。

まずは前菜盛り合わせから
la_tortuga01.jpg
長芋を敷いた軽くスモークした厚切りサーモン、トマトのブルスケッタに生ハムをのせて、
たまごとチーズのキッシュ、イワシと野菜のミルフィーユ仕立て、野菜のピクルス
ポーク・リエッタは別にサーブされているタケウチのパンにのせて食べます。

キッシュ激ウマです!バターの風味が鼻をぬけ、ほどよい温かさ。
生地の厚さといいサクッと感といい絶妙でした。

前菜から塩気も味しっかりしているのでドシンときます。
もうけっこうお腹いっぱいです。

次の魚料理が出るまで、かなり時間が経ちました。
前菜にボリュームがあったのと会話をしていたので、
それほど気になりませんでしたが。。

2品めは真鯛とアサリのオーブン焼きです!
アクアパッツァみたいです。じゃがいも、トマト、ブラックオリーブが
入っていました。鯛の中にはタイム等のハーブが惜しげなく詰められ、
粉をふってパリっと焼けた表面にはイタリアンパセリなどがふんだんに
散らしてあります。

真鯛は40cmぐらいの大きさがありました!皿も50cm以上の迫力です。
もちらんシェアしていただきます!

la_tortuga02.jpg

かなり苦しみながら?おいしくいただきました。

しっかり系の赤ワインを店員さんにセレクトしていただきます。
ラングドック地方の2000年ものでとでもおいしいです。
どっしりした料理なので重いほうが合うのかもしれません。

姉さん、もう無理です!
食べれません!

3品めの肉料理は牛頬肉の黒ビール煮でした。
la_tortuga03.jpg

じっくり長い間煮込まれていてナイフの重みだけでも
ホロリとくずれてしまうほどの柔らかさです。
付け合わせはボイルしたグリーンアスパラとポテト&野菜のマッシュ。
マッシュポテトとムースの中間くらいの軽い口あたりで
ブーケガルニのような野菜の味がします。

続きを読む "ラ・トォルトゥーガ " »

2005年06月04日

BRASSERIE CAFE PARIS

BCP(BRASSERIE CAFE PARIS)という三条通にあるお店でちょっと休憩です。

cafeparis02.jpg

三条通はたくさんカフェが集まっているカフェ密集エリア。ちょっと混んでいても
すぐに休みたい時にはちがうお店に行きやすくって便利です。カフェ激戦区なんでしょうね。
こちらのB.C.P.は代金は飲み物が運ばれてからすぐに支払うパリスタイルのカフェです。

クリームブリュレをたのみました。

cafeparis01.jpg

平べったいお皿に入っているからキャラメリゼのカリカリ部分がいっぱいで
なんか得した気分。このお皿、鶴と狐のイソップ童話を思い出しませんか?
バニラビーンズもたっぷり!バニラビーンズがたくさん入っている
だけで私の評価はぐっと上がります。

BCP(BRASSERIE CAFE PARIS)
京都市中京区三条御幸町角 三条ありもとビル1F西
TEL:075−211−1825
休:月よう

カフェ:11:00〜23:00、ランチ:11:00〜15:00
ディナー:17:30〜22:00

http://www.paris-shoku.com/midasi01A.htm

2005年06月05日

無鄰庵でお抹茶を

いただく事にしました。靴を脱いで母屋に上がります。


*クリックすると少し大きめの画像がポップアップします

外の景色が額絵か映画のスクリーンのように見えます。

murinan08.jpg

京の家屋は夏向きに作られているそうで、ひんやりと風通しもよく
目には青葉と一口のお茶。なんとも居心地がいいです。

murinan10.jpg

肩のコリも自然とほどけるようにとってもリラックスできます。
コーヒー、紅茶もいいけど緑のお茶は背骨の随にスーっと入って
くるような気がします。

murinan11.jpg

うすめに立てられたお抹茶に「苔のむす豆」とたとえられたという
「金谷正廣」の丹波産黒豆を丹念にきな粉でくるみ青のりをまぶしたお菓子
 『真盛豆(しんせいまめ)』がお茶請けで付いています。



*クリックすると少し大きめの画像がポップアップします

京阪三条から京都市営地下鉄へつながっていて
乗り換えも便利でよかったです。
(京都市営バスの混むことといったら!! ほんとに夕方はひどく混むのです)

京都市左京区南禅寺草川町31
075-771-3909
地下鉄東西線「蹴上駅」下車徒歩7分
9:00〜16:30

http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/spot/sp_murinan

寿し さか井

京都の代表的な夏の食べ物といえば鱧。京の台所、錦市場でも鱧が
目に付きます。まだ出始めで脂のりも少なめなそうですがこれから旬に入る
初物の鱧寿司をいただきました。

sushi_sakai_hamo.jpg

新鮮な鱧は骨の立ち方からちがうそうです。鱧の湯引きしか食べた事なかった
私たちは、この淡白な中にじんわりと旨味のあるホクホクの鱧寿司に感動!でした。
美味しいものを食べたら好きになる、まさに一貫口にほおばってそんな瞬間を覚えました。
ペロリとたいらげてしまう頃には、すっかり鱧好きに。

当初の目的の名物「穴子寿司丼」です。

sushi_sakai_anago.jpg

絶妙のかげんの酢飯はほどよい温かさでふんわりと
盛られています。穴子一匹分をたっぷりのせて、目の前であぶった焼き海苔を(香ばしい!)
パリパリ手揉み、降りかけてくれます。穴子そのまま飲み込めそう、柔らかーい。
穴子も絶品です。ウマイ!

sushi_sakai.jpg

大丸の裏手というか横手というか、気さくな名物お母さんと笑顔の素敵な職人のご主人が
やっているカウンター6席の、ほんとに小さなお店です(今まで行ったお店の中で一番小さいかも!)
すぐに満席になってしまうから、お昼時とかを外して行くのがいいと思います。

http://www.digistyle-kyoto.com/kikaku/kitasan/sakai/

2005年06月06日

割烹 瓢箪

割烹 瓢箪(ひょうたん)で「華」会席をいただきました。

先附・吸物
hyotan02.jpg

先附は長芋をすり固めたものに昆布とウニクラゲ、ズッキーニが乗っていました。
餡にはジュンサイが入っています。
吸物は鱧のすり身寄せ、ヨモギの生麩と椎茸、キュウリ。吸い口はカボスの皮でしょうか、
蓋をとると清涼感のあるいい香りがしました。

造り・焚合
hyotan03.jpg

造りは甘エビ、鯛、初鰹のたたき盛りでした。
赤魚と豆腐の揚げ浸し。飾り切りされたカボチャと緑の紅葉の生麩が
見た目にかわいい。

八寸
hyotan04.jpg

枝豆をつぶした餡の入ったスズキの焼き物、でんぶと豆入り卵焼き、若あまご甘露煮、
つぶ貝の和え物。

関西風の素材味をいかした薄味で、食材もどれも柔らかいものばかり。
お年寄りも妊婦も小さな子供にも安心していただける献立のようです。
この日、私たちはお酒を飲んでいなかったのでストイックに味を楽しめました。
お酒を一緒にいただくにはちょっと物足りない塩梅かなぁ。

続きを読む "割烹 瓢箪" »

2005年06月08日

Marmite (マルミット)

枚方にあってマルミット鍋というオリジナルの名物料理が有名なビストロが
近所に移転してきているようなので、行ってみない手はないゾと偵察も兼ねて?
ランチを食べてきました。ランチは毎週木・日曜日に内容が変わるらしいです。

【オリジナルフランス鍋・マルミットとは】
1つの土鍋で4種類(ポトフ→スープパスタ→チーズフォンデュ風→リゾット風)
の料理が食べられるという欧風鍋で、こちらのオリジナル料理だそうです。


Aコース(¥1,000)とBコース(¥2,000)のランチを二人でシェアしていただきます。

こちらはBコースの前菜(コンビネーションサラダ)です。
marmite01.jpg

塩気とハーブ&スパイスをしっかり目に効かせたひき肉の自家製テリーヌです。
外側はベーコン、ソーセージ、サラミが中に入っています。
パンに乗せて食べたらおいしかったです。

Aコースのコンビネーションサラダ
marmite02.jpg

鶏肉のマヨネーズ和えのようなものが乗っています。

Aコースのメイン。Bコースの魚料理にあたります。
marmite03.jpg

ハタのポアレ・ホワイトソース。しっかり塩を効かせたハタの下には小松菜のソテーが
敷かれています。ソースはホワイトソースと黄色いカボチャ入りソースの2色づかい。
カボチャソースがほの甘く、ハタの塩気を緩和させてバランスをとってくれます。

Bコースの肉料理
marmite04.jpg

牛ヒレ肉のステーキ・赤ワインソース。
赤ワインソースはブルーベリージャムとかが入っているのかしら、
ほの甘酸っぱいお味です。
付け合わせのマッシュは柔らかめ。まったりとした舌ざわりで
ホワイトソースでのばしたような滑らかな食感です。

続きを読む "Marmite (マルミット)" »

2005年06月12日

サンタルチア

麗しのマルゲリータに逢いたくてリストランテ&ピッツェリア
サンタルチア(SANTA-LUCIA)に行ってきました。

SANTA_LUCIA01.jpg

マルゲリータは額縁付きの表面パリリ、中はモッチリの生地に
モッツァレラチーズ、トマト、オリーブオイルにバジルの乗った
ナポリの代表的なピッツァ。

トマトってオリーブオイルと合わさると熟した果実っぽくなって
とってもジューシー。あふれ出る果汁に負けないピッツァ生地の
ハリと弾力は、まさにメリハリ・ボディのいい女といったところです。

一緒にオーダーした1500円のBランチの前菜の盛り合わせです。
SANTA_LUCIA02.jpg

前菜自体は冷菜がほとんどでとくに目を見張るようなものはなかったのですが、
フォカッチャ(写真右奥)には感動しました。
ローズマリーと岩塩の乗った表面のパリパリ感!中のモチっとした弾力。
オリーブオイルを付けて食べたりしなくっても充分にオイリッシュかつクリスピーでした。

マルゲリータが女性なら、こちらは骨太で筋肉をしっかりと鍛えた胸板の
厚い男性といったかんじ。
今まで食べていたフォカッチャは、例えるならそのへんの通りすがりのヒトを
テキトーに捕まえて追いはぎみたく脱がせたような。。そんなかんじ。

本日のパスタ
SANTA_LUCIA03.jpg

ボンゴレロッソでした。トマトソース系のパスタはあまり好みではないのですが
アサリの旨味がしっかりと出ていて、酸味が押さえられていたので美味しくいただけました。

Bランチに付いている鶏料理
SANTA_LUCIA04.jpg

フライドチキンにフレッシュトマト、ルッコラなどのサラダが乗って
ワインビネガーがかかっていています。イタリアン・チキン南蛮といったかんじです。
ボリュームたっぷり、でもさっぱりといただけました。

続きを読む "サンタルチア" »

2005年06月15日

レザミでガレット

「ガレット・煮込料理・ワインの店 レザミ(Les Amis)」の2Fで
ガレットランチをいただきました。

ガレットとはそば粉で焼いた塩味のクレープ(スイーツではない食事クレープ)で
フランス・ブルターニュ地方の伝統的な料理です。
*「ガレット=平たい円形に焼いたもの」の総称。
お菓子のガレットも同じ呼び方です。

ガレットの定番「コンプレット」です。
galette_c.jpg
ハム・チーズ・卵を包んで塩と胡椒で味付けしただけの、もっともシンプルで
ベーシックな基本のガレットです。

生地の端のほうのカリッとした焼き加減、
中のもっちり具合と素材の味がよくわかります。
ふぅ、口にほおばった時に広がるこんがりと焼けたソバ粉の香りがたまらない!です。
生地は薄いのに存在感があって香ばしく、全体がムラなく焦げすぎない
いい焼き加減で焼けています。

ホウレン草・卵・ツナ・マヨネーズの入った「ポパイ」
galette_p.jpg

切り方のせいか、チヂミそっくり。

lesamis01.jpg

ガレットランチは4種類の中からガレットを選び、
サラダ&スープ&コーヒーはセルフで食べ放題です。

続きを読む "レザミでガレット" »

2005年06月26日

玉一のチヂミ

tamaichi01.jpg

会社の同僚が誕生日という事で誕生会がありました。
好きな店をリクエストする機会に恵まれましたので、
以前から食べたかったチヂミで有名な玉一をリクエストして、
行ってきました!

tamaichi03.jpg

もちろんチヂミをオーダーしたのですが、焼き上がりに多少時間がかかるようで、
先に骨付きカルビの煮込みが来ました。おいしそう!
他にも「春雨炒め」「豚ばら三枚肉セット」もオーダーしましたが、
これもおいしい。ちょっと甘めかなあ。

tamaichi02.jpg

まってましたのチヂミです!
最初2人で1皿にしていたのですが、あまりに美味しくて
もう1皿追加オーダー!
外は薄くてパリッと、中はもっちり。
ナポリピッツァやガレットとは違う食感で、おもしろいです。
機会があれば、また行きたいです!

玉一(たまいち)
住所  大阪府大阪市北区池田町17-4 第1ビル1F
電話 06-6353-8626
営業時間 11:30〜23:00
定休日 無休
Yahoo!グルメ - 玉一

同名のファミリー店舗複数あるので、予約や待ち合わせの際は注意。

2005年07月03日

鯖街道 花折

鯖寿司で有名な「花折(はなおれ)」の
下鴨神社のほど近くにある京都本店へ
お昼を食べに両親と4人で行ってきました。

hanaore01.jpg

「鯖街道」とは若狭湾岸で獲れた魚貝類や物資を京都へ、
京都から都文化が小浜へと運ばれた道「若狭街道」の呼び名です。
中でも鯖が多かったことから、その道を「鯖街道」と呼ぶようになったらしく
若狭湾で取れた鯖に一塩して夜も寝ずに京都まで運んでいた。そうです。

「花折」の鯖寿司は冬場と夏場で酢の量など調整されているので
味もそれぞれにちがうようです。
風情のある手桶に入った3切れの鯖寿司が一人前。
お吸い物付きで¥1700!さすがお高いですねー。

こちらは京野菜や湯葉、生麩などのおばんざいと一緒に入った折り詰め。
本日は昆布巻きの鯖寿司がセットでした。

hanaore02.jpg

3〜4切れじゃぁ少なくって物足りないかも。と思いましたが
ギュギュっと詰まった(でも固くない)酢飯と肉厚の鯖は
けっこうボリュームがあってお腹は充分に満たされました。

おもたせ(持ち帰り)を中心に電話で予約してから買いに来られる方が
多いようでした。

「花折」は「いづう」と並び東西の横綱と京都の人たちから
昔から愛されている鯖寿司の銘店で
祇園祭をはじめとする京の祭には欠かせない京都っ子の贅沢!
なんだそうです。

「いづう」の鯖寿司も是非食べてみたいです。

http://www.hanaore.co.jp/

2006年03月15日

ル・レストラン・ドゥ・ヨシモト

この頃ランチがメインですがちょこちょこ外食できるようになりました。
(ぐずぐず言う事もしばしばあるので赤ちゃん連れでも大丈夫なお店に
迷惑をかけもって甘えて食事させてもらっております)
大阪北野天満宮からほど近いル・レストラン・ドゥ・ヨシモトへ行きました。
前々からお店の前を通りかかるたびにちょっと気になっていたフレンチのお店です。

本日のスープ(タマネギのポタージュ)

yoshimoto02.jpg

自家製天然酵母の焼きたてパン

yoshimoto03.jpg

*ふたりでシェアしているので肉or魚をチョイスします。

メインのお肉料理(牛肉のビール煮込み)

yoshimoto04.jpg

魚料理(瀬戸内海産の舌平目のソテーのたっぷりサラダ)

yoshimoto05.jpg

デザート(焼モンキーバナナ、バニラアイス添え)

yoshimoto06.jpg

今回はAコース(¥1500)をいただきました。他にランチは¥2500、¥4000とあります。
自家製の天然酵母の焼きたてパンや契約農家から仕入れる有機野菜など素材への
こだわりもうれしいです。シェフはもちろんスタッフの方のかんじもよく赤ちゃん連れでも
やさしく対応して下さいました。ありがとうございました!

yoshimoto01.jpg

【ル・レストラン・ドゥ・ヨシモト】
大阪市北区天満4-16-5
Tel&Fax06-6352-1554
日休
11:30〜14:00(LO)
18:00~22:00(LO)

平日はビジネスランチ¥800からやっています。
24時間かけて低温発酵させた自家製天然酵母(セーグル種)
も販売されているそうです(¥200)
毎月1回(不定日曜)完全予約制でお料理教室(¥4000)をされたり、
毎月16日はひとつのテーマを決めたコース料理(完全予約制)を
用意されたりしているようです。

2006年04月07日

マロードでハイティー

今回は沖縄のザ・ブセナテラスにあるティーラウンジ
「マロード」でアフタヌーンティです。

IMG_2184.jpg

もう1回言っておきますが
けっして泊まったわけではありません。

R0016390.jpg

以前に「お趣味」にしよう!と決めたハイティー。
沖縄らしい食材が使われているのがせっかく来たかいがあったと
思えてやっぱりうれしいです。

Nk1067406445.jpg

上段プレートのスコーンはプレーン&チョコチップで
生クリーム、苺ジャム、パイナップルジャムが付いてました。

中段は紫芋のタルト、フルーツのタルト、カスタード&生シュークリーム、
クルミのブラウニーかな。

下段のフィンガーサンドはスーモークサーモン、ブルーチーズ&ブルーベリー、
レタス&トマトとチーズの三種類だっけ。

小腹を満たすには充分な量です。
この日、私たちは日程をうまく組めず朝&昼飯を
抜かしていたので、、気分的にも胃袋的にもおかわりしたい。
ところでした(笑)

続きを読む "マロードでハイティー" »

2006年04月18日

たん熊

義父さんが出張の間をぬってかんちゃんに逢いに来阪してくれた。
桜の通り抜けで個室が早い時間からしかとれなかったけど
やっぱり赤子連れでゆっくり食事するなら個室がいちばんなので
OAPのたん熊を予約しました。
自分らで行けないところなので甘えさせてもらいました!

DSCF0006.jpg

和食のええやつってほんとに食べるのもったいないくらい細やか。
季節を味わえるのはええねぇ、美味しいねぇ。

DSCF0012.jpg

かんちゃんは終始ぼくも食べたい!!っていう動きでした。

DSCF0009.jpg

許可を得て持ち込ませてもらったお粥にちょっと食べれそうな物を
混ぜて完食した上、うす〜い上品味の麩とか小芋とか。。。
じいちゃんもびっくりするくらい食べよったよ。

DSCF0032.jpg

今度逢える時はもうちょっと食べられる物も増えてるかなぁ。
ごちそうさまでした!!

2006年04月24日

エクチュア

谷6のエクチュアにはじめて行ってきました。

ekchuah03.jpg

はじめてらしくチョコづくしのセットを頼みました。
このプレートにさらにチョコレートドリンクをチョイス。
ふふふ、鼻血でしょうでしょぉ。

ekchuah05.jpg

アイスクリームもチョコにしてたんですがお皿に乗ってきたコは
バニラ。でもたぶんチョコ食べ過ぎて気分わるくならんように
うまく運命がいたずらしたんやと思ってそのまま頂きましたよ。

ekchuah04.jpg

町家を改造した店内は吹き抜けになっている天井が高く
古い木のシックな色あいがやけに落ち着きます。
柱もチョコレートみたいに深い茶色です。


ekchuah02.jpg

このエクチュアが一角に入っている場所もステキなところでした。
町家を改造した雰囲気のあるお店が集合しています。

ekchuah01.jpg

ekchuah06.jpg

チョコってカレーとかと同じで癖になりやすい食べ物なんですかね、
翌日もむしょうにチョコレートが食べたくなりました。

2006年05月12日

里山の食卓

和食のブッフェに行ってきました。「SOLVIVA 里山の食卓」の料理は全て食材にもこだわって、
なるべく身体に安全な旬の食べ物を使って作られているそうです。うれしい!
お惣菜を中心にした料理が約50種類もあります。ヘルシー志向な、とくに女性に人気があるようで、
平日のオープン直後にもかかわらず結構にぎわってました。

R0017536.jpg

時間制限90分。赤子連れにはちょっと短いけど、ブッフェっていつも食べ過ぎてしまう私は
腹加減もこれくらいが身体によさそう。引っ越しで疲れてたので元気をもらった気がします。

R0017525.jpg

ブフェメンバーになりつつある?ハルちゃん&あさちゃん、カノンくん&カノ母さんと一緒。
誘ってくれたあさちゃん、予約してくれたカノ母さん、どうもありがとね〜〜。

R0017535.jpg

このあと茶屋町NUに行ったり(はじめてやった!)スタバのオープンエアで
カフェしたりしました。雨の中休みの爽やかな日で赤ちゃんチームたちも
みんなけっこうゴキゲンでした。やっぱりいい天気で風をあびると
気持ちいいんやろうなぁ。

2006年05月19日

大乃や

引越先の近所にある料亭にランチしに行ってきました。

onoya01.jpg

特製カレーを食べる予定だったんですが、和食のお店なので
お昼のお弁当とすき焼きを頼むことにしました。

onoya02.jpg

お弁当が1600円、すき焼き1400円でけっこうボリュームもあってお得な
かんじがしました(ちなみにカレーは1000円)

onoya03.jpg

大部屋に通されてお庭の見えるお席ではなかったですが
中庭は手入れも行き届いている感じのいい印象でいした。

onoya00.jpg

うちに遊びに来る際は、よければこちらでお昼でもご一緒
しましょう!

大乃や
http://www.o-noya.com/

2006年05月20日

カフェ クレメ

知る人ぞ知る伝説の銘店ナガオ・ヴンダバの跡地に
(結局行けなかったので本当に幻になってしまった)
新しいお店が出来ていたので入ってみました。

R0017695.jpg

日曜日のランチタイム。駅からわりと離れた立地にも
かかわらず満席でした。

R0017726.jpg

ハーブやスパイスをもっと普段のテーブルに取り入れよう。
というコンセプトの料理で(ナガオシェフ監修だそうです)

R0017729.jpg

フレンチを柱にしたかんじで、クミンとかカルダモンとかウィキョウとか
アジアっぽいスパイスも使っているんですが(店内はベトナムっぽい印象??)

R0017736.jpg

奇をてらいすぎてない、使いすぎていないところがナガオシェフの影響
なのかしらなんて思いました。

R0017743.jpg

入り口の扉がめっちゃ細いのとお水がおいしくなかったのが気になる。
でもそれ以外は千円前後でこの料理の内容やし満足!です。
また行きたいと思います。

隣は(キッチンがつながっている)テイクアウトのパンや
デリカテッセン、スイーツを置いているお店で
コーナンに行った帰りとかに買い物しています。

2006年05月28日

北浜レトロ

〆切に追われ日記をしばらく更新できてませんでした!
コメントいただいたまま書き込みに行けてなかったり、ごめんなさい。
時系列がばらばらになってしまう出来事もあるかもですが
少しずつアップしていきたいと思います。

以前にアフタヌーンティ(三段皿のハイティー)を趣味にしよう!と
謎の宣言をしたのですが、その甲斐あって
ブログ友でもあるクナケロちゃん&スモ子さんと中之島バラ園を観に行き
がてらお茶しよう!という事になりました。

北浜レトロ

R0017761.jpg

文化財でもあるという洋館はクラシカルで英国ムード満天です。
窓際のお席にしてもらい、バラを横目に赤子を片手にアフタヌーンティです。
(ティールームは2階にあるのでベビーカーでは上がれないです)

R0017763.jpg

スモちゃんはすやすや〜、優雅にお昼寝しててお利口さんやわぁ。
その点かんちゃんはシュッシュッシュっシュっていつもの通り。
0歳にてすでに孝行度合いに差がついています。。

R0017770.jpg

ここのチーズケーキが好きでよくテイクアウトはしてたんですが
ティールームでお茶をするのはじめて!やっぱ三段の皿置き(名前わからん)
ええなぁ。ほ、欲しいわぁ!

この日はイギリスらしくが大当たりすぎ、通り雨まで降ってきてしまいました。
バラ園はまた今度!咲いてるうちにリベンジ行きましょう〜。

今回はお初対面&急やったからふたりでお茶したんですが
今度はわいわい誘って行くのもいいね!って話しながら
バラ園を後にしました。

続きを読む "北浜レトロ" »

2006年05月29日

盆栽カフェ

ベビーサインの教室の後は恒例になりつつあるお茶&座談会。
今回は盆栽とか雑貨も扱っている中国茶の飲めるお店に
行ってきました。

R0017798.jpg

あさちゃんに連れてってもらった。。店の名前なんだっけ。。。
ここのとこボケボケ度がアップしてて、
pbつるの買ったNintendo DSの頭脳検定?で
最初64歳、リベンジしようとしたら69歳とまでいって
しまったのをきっかけに開き直り、、おかん道をまっしぐらに
あっけらかんと生きています!

R0017840.jpg

話はそれましたが、、中国茶って香りがいいから
こういう雨の日にピッタリ。

R0017857.jpg

赤子〜ズたちも後半は全員グロッキーしてすやすやお眠りしました。

R0017858.jpg

ちょうど探していた小さな小さな鉢も買えたし、よかったです。
こういう小箱なお店って大好きです。連れてってくれてありがとね〜♪

2006年05月31日

チョコレート噴水

スイスホテル(南海サウスタワーホテル)のカフェ・スイスの
デザートビュッフェに行ってきました。

R0017994.jpg

出産してからお会いするのはじめて!な久しぶりなメンツが多くて
かんちゃんを順番に抱っこしてもらったりしました〜。

R0018003.jpg

思ったよりチョコ噴水は小さめやったけど
チョコレート自体がおいしかった。白いタワーもある。

R0018009.jpg

ケーキ類の種類も豊富で他にはホットチョコレートもあるし
クレープ、ワッフル、ブラウニー、マカロン、ドラジェ、デニッシュや
サンドイッチから巻き寿司までありました。

R0018016.jpg

お菓子の家に行ったときと同じくらいは食べました〜!

続きを読む "チョコレート噴水" »

2006年06月01日

ル・クロ・ド・マリアージュ

ほんとに近所に食べに行くところは困らないくらい
いいかんじのお店が多いです!

今回は行こうと思ったカレー屋さんが時間ちょっと厳しかったり
イタ飯の店が見つからなかったり。という行き当たりばったりな
おかげで発見できたフレンチレストランがめちゃ良かった。

小さなサラダとパン

R0018098.jpg

前菜の盛り合わせ

R0018102.jpg

メイン

R0018104.jpg
豚肉の煮込みと鯛系の魚のグリルに古代米や季節の温野菜が添えられていて
盛りつけもきれ〜〜〜!

デザート&コーヒー

R0018106.jpg

が付いてて(デザートも数種類の中から2つも選べる)¥1575のAコース。
(平日のみのサービスランチは¥1050からある)

しかもしかも、予約すれば個室も確保できて(大人6名がいける個室が2部屋)
ビルにはもちろんエレベーターも完備なのでバギーでも大丈夫。
子連れ、赤ちゃん連れも大歓迎!とまで言ってくれはりました〜!!
(オーナーシェフも3児のパパさんらしく、キッズメニューとかも用意できるそうです)

是非、うちにお越しの際にはこちらにもご一緒しませんか?

ル・クロド・マリアージュ
http://www.le-clos.jp/

(名前の通りブライダルのコースなども設定されています)

2006年09月10日

イグレックで朝食を

今回、神戸の北野ホテルに宿泊する目的は朝ご飯を食べる為でした。
なのに私たち一家は寝坊してぎりぎり!滑り込みのオーダーで
ちっとも優雅じゃありませんでした。

IMG_1079.jpg

【スモール・ラグジュアリー・ホテルの協会で「世界一」と賞賛された
フランス料理界の重鎮、ベルナール・ロワゾー氏の朝食メニュー】
という事だそうです。

世界一といわれる朝食の孫、ひ孫、ひひ孫・・・にあたるかんじ。
なんでしょうね。

IMG_1077.jpg

ラストオーダー時間ぎりぎり且つ直後にすぐ結婚式を
されるらしくて、あわただしく朝食を食べました。
でも花嫁さん見れたりお祝いの場所に居合わせるの
スキなのでうれしかったです。

DSC_2509.jpg

やっぱり時間に余裕を持つっていうのも優雅な朝食の為の
大事な条件やなぁと勉強になりました。

続きを読む "イグレックで朝食を" »

2006年09月25日

カメキチ・ビストロ

ちょっと前にお店の前を通りかかった際に変わった名前の
ビストロだなぁなんて横目で見ていたのですが、、、
以前よりインターネットを通じて知っているいさをさんが紹介していた
記事を読むと、これは行かないと!!と思いたち「カメキチ・ビストロ」へ
いそいそとランチに行ってきました。

いさをさんは『関西グルメ食べ歩きレビュー』というサイトを以前より運営
していて関西を中心とした気軽に食べられるレストランを数多く
わかりやすく掲載されています。

関西グルメ食べ歩きレビュー
http://oishii.main.jp/

最近、ALLAboutの「女性のためのグルメ情報(関西)」のガイド役をされる事に
なったそうで、個人的には彼はますます関西食べ歩き会のプリンス?!として
君臨するんじゃないかしら、、と密かに期待していたりします。
なので詳しくお店の事とか知りたい!方はこちらのガイドを見て下さいね〜。

http://allabout.co.jp/gourmet/eatoutwomenkansai/closeup/CU20060909A/index.htm


とある9月の土曜日のランチです。
ベーコンとレンズ豆のグリーンサラダ

R0020921.jpg

茶美豚のロースト

R0020943.jpg

つけ合わせ?の野菜の色々とかを一緒に食べたり交互に食べたり、
お肉そのものもしっとりとしてたしソースもすごくおいしかった!
これにパンと飲物(コーヒーとかオレンジジュースが選べる)で1000円です。

後日に気づいたんですが、、ほんとに奇遇にもいさをさんと同じ日にランチに行っていたようで
ビックリしました。たぶん数分差でお会いできず??
こちらは『関西グルメ食べ歩きレビュー』の中のカメキチ・ビストロの記事です。
http://oishii.main.jp/shop/kamekichi.htm


R0020911.jpg


夜がオススメなようなのですが私たち家族は1歳になったばかりのがちゃがちゃした
幼児連れで基本的に行動しているのでとりあえずランチでおじゃまさせて
もらうかんじです。カメキチ・ビストロはお店の方も気さくやし
子供連れでもとても親切にして下さったのでありがたかったです。
また行きたい!いや、また行こうと思いました。

2006年11月04日

パイヌマヤリゾートでの食事

西表島がはじめてでガイドブックやネットで
調べていると食事ができる場所もかぎられて
いそうだったのでコースの夕食付きでホテルに宿泊。
遊びまわって腹ペコな状態では少し物足りない
気もするけど(ご飯おかわり自由)料理よかった!って思いました。
器がふつー、なのですが島食材をふんだんに
取り入れたフュージョン料理っていうカテゴリーになるのかな。。

1日目の夜
pa_yu01.jpg

DSC_4018.jpg

2日目の夜

pa_yu02.jpg

DSC_4959.jpg

宿泊部屋数が29室とそれ程多くないこともあって
ひとつひとつ味かげんとか素材選びから丁寧で身体にもやさしい。

すっかり食事にも癒され私たちは
ぐっすり眠りにつきます。

朝食はビュッフェ形式です。

DSC_4065.jpg


朝・夕のお食事は館内レストラン・サミンにて。

IMG_1860.jpg

2006年11月20日

イルピアット

近所の料亭「大乃や」がやっているイタリアン「イル・ピアット」へ
行きました。

IMG_1765.jpg

ここのランチで出してくれるフォカッチはオリーブオイルがしゅみって
していて私好みです。

IMG_1771.jpg

IMG_1773.jpg

イタリアンのお店ですが「大乃や」とひとつ屋根の下(2階にある)なので
窓べりの席からはお庭が見れたり、お座敷席もあったりするのがうれしいです。
日曜日が定休日になってしまったのが個人的にはちょっぴりザンネンです。

2007年05月05日

ル・アルジャンでランチ

近所のビストロ系フレンチのお店です。

わりとオフィス街のGWさ中でタイミングよく貸し切りに
なったのでガチャガチャしてる子供連れで入らせてもらいました。

R0037815.jpg

シェフにも同じくらいのお子さんがいらっしゃるそうで
とても感じよくして下さいました。

R0037845.jpg

R0037842.jpg

つるは久々にこういうの食べた気がする。と満足していましたよ。

R0037851.jpg

土曜日とかならお昼時でもわりと空いているみたいなので子供連れでも
お気軽に来て下さいと言ってくれたのでまた是非行こうと思います。

近所に来られる際はご一緒にいかがですか。

2007年10月28日

大乃や☆まぐろ祭り

何日か前から大乃やさんにまぐろ祭りのポスターが貼られていて
気になっていたものの、まぐろ大好きって程でもないし
まあいいかって思ってたんですが、やっぱり気になって、笑
行ってみることにしました。

o_maguro00.jpg

ネットで調べても出てこなくて予約してないし
とりあえずデンワしてみたら当日チケット販売制なそうな。

o_maguro01.jpg

11時に行ってみた。雨だけどけっこう人が入ってる。
赤い絨毯がおめでたいかんじでわくわくしてきました。

o_maguro02.jpg

慣れた手つきでいとも簡単そうにマグロを解体。

o_maguro04.jpg

きれいな身のメバチマグロです。

o_maguro05.jpg

板前さんが目の前で料理してくれます。
どうしましょ?ってオーダーも聞いてくれたので
普段食べられないような所。と言うと筋のないキレイな大トロを
サーブしてくれました。

o_maguro03.jpg

中庭で炭焼きステーキとかもあったり、、なくなるまで
どれもおかわりできるので食べ過ぎちゃった。


o_maguro06.jpg

雨の中庭です。ちょっとお庭鑑賞もしていっぱいなお腹を
落ち着かせよう。。

大乃やの本体だけでも充分満足できる位なのに
天プラ屋さんの方でも青竹庵でもイタリアンのイル・ピアットでも
出入り自由なのです。

お腹いっぱいでちょうど混んでたこともあって今回はイル・ピアットを
パスしてしまったのがザンネン。

毎年やってるの??と聞いてみると、マグロだけでなく春は春の祭り。
とか半年に一度くらい?やってるみたい。
そういえばポスター貼ってる時期あったな。そうか、、こんなに
お得なランチだったんだ。。近いのに知らなかった。
またチェックして行こう!と思いました。

2007年11月08日

ラペティ・ロアラブッシュ

一時保育してもらえる日と夫が仕事を抜けてランチ
出来そうなタイミングが重なったので
たまには夫婦水入らずでフレンチでランチすることにしました。

色々調べてみたところ自分たちの行きやすい場所と
食べてみたいお料理が重なったのがこちらの
ラペティ・ロアラブッシュでした。

roala00.jpg

ゆっくりランチしたかったけど、食事の後すぐに移動して
セミナーに参加しないといけないらしいのでクイック・コースにしました。

roala01.jpg

お野菜がおいしくてしあわせ。
せっかくの子供なしでのランチなのに
子供がよろこびそうだ。とか子供の話題ばっかし。

長崎産茶美豚のアロゼ ジンジャー風味

roala02.jpg

夫は鴨にしました。

roala03.jpg

クイックコースでもボリュームあって
落ち着いて食べたこともあってとっても満足しました。

デザートけっこう大きいなぁ。

roala04.jpg

玉露を練りこんだアイスクリームのパルフェ

roala004.jpg

こっちは夫がオーダーしたもの

roala05.jpg

たまにはふたりで。っていいなぁと思いました。
いい時間をすごさせてもらえました。

roala06.jpg

ラペティ・ロアラブッシュ
大阪市中央区今橋2-1-10
ダイセンビル1F
TEL:06-6208-1808

2008年02月25日

ひだまり菓子店

hidamarikashi01.jpg


ひだまり菓子店のオーナーさんは古くから
お世話になっている方で、去年秋のお店のオープンを
知ってから行こう行こうと兼ねてより思っていました。
やっと実現!

hidamarikashi02.jpg

小さな小さな素敵なお店です。
席は6席。テイクアウトのお客さんがひっきりなしに
訪れていました。

こだわりの材料と丁寧な手仕事で作られている
お菓子たち。焼き菓子も何種類かありました。
クッキーの種類も季節や日によって色々あるみたい。
全種類買い占めたくなります。

こちらのオーナー・パテシエールの作るスコーンは
どこのスコーンよりも美味しいと思うのです。

hidamarikashi03.jpg


モッフル・ランチした後だったのでお腹いっぱい
だったのですがどうしても食べたくてケーキセットを
頼みました。

200802154.jpg

頼んだイチゴバナナタルトのイチゴはもちろん全て子供に
食べられてしまったけどバナナタルトとタルト生地のサクッと
フォークで切れる加減とかも絶妙でした。

hidamarikashi04.jpg

夕方にさしかかる午後。窓から日がさして
柔らかなひだまりがお店を包んでいました。


大阪市城東区鴫野東3-14-15 
open   11:00-19:00
定休日 月、日(不定休)

2008年04月18日

ムジカティー

名前も味も知っていたけどお店に行ったことがなかった
堂島の紅茶専門店ムジカへ行ってきました。

ムジカティーをくれたお友だち本人も家族の方が
よく買って来てくれるだけで行ったことなかったそうなので
せっかくなので初心者同士行ってみようって事になって
はじめてのティーハウス・ムジカ。おのぼりさん気分で浮かれてお茶。

mujika01.jpg

すごい世界中のティー・コレクション!

mujika02.jpg

mujika03.jpg

3時くらいだった事もあるし、段々皿好きだし
やっぱり英国式のアフタヌーン・ティーを頼みました。

友だちと話も弾み、いい時間を過ごせたなぁ。
家でも外でも珈琲を飲むことが多かったけど
久しぶりに紅茶っておいしいなぁって思いました。

mujika00.jpg

たっぷり入っていて日常用に飲める紅茶を買って帰りました。

紅茶をちゃんと入れるっていう事自体がそういえば
この頃希薄やった気がするなぁ。

あたたかくなってきたし
ベランダでお家ティータイムも楽しめそうです。

2008年08月26日

お食事券☆当選

先月に福引きでお食事券が当選して期限が迫っていたので
駆け込むように行ってきました。

1万円分で1回の抽選。京阪カードを持ってたら2回出来る。
抽選した日、私はてっきり10枚たまったと思って抽選会場へ
行ったんだけど9枚しかなかったので子供にあやまって
エレベーターに乗ってたら、親切な老夫婦が券をくれました。
「こういうのって当たるんちゃうか〜」って冗談まじりで
話してはった。

いつもは2回とも子供にさせるガラガラ。この日は
自分が引くぞって気になって当たる気がしたら当たりました。
お食事券はもっかいどの店舗になるかくじ引きがあって
ポスター見て目に入った店舗を引き当てました。
なんか偶然やと思うけど、この日は自分はすごいんじゃないかって
気分になれました。

DSC_1520.jpg

特別コースなので内容がわからないけど
抽選でまともなものが当たったの生まれてはじめてかも。

DSC_1521.jpg

DSC_1523.jpg

地鶏のおいしい店なので串を他に4本追加でオーダーしました。

DSC_1526.jpg

名物の水炊き。濃厚なコラーゲンたっぷりの白濁した
ガラスープです。

DSC_1531.jpg

〆はセットはラーメンだったのですが白飯に
替えてもらって雑炊にしました。

DSC_1534.jpg

塩を入れて食べるとすごく美味しかったです。
鶏スープを茶漬けも美味しそう。

この晩ご飯の時、子供は寝てました。。申し訳ないなって思いつつ
一種の親孝行ということにした。
おいしかったし、また子供も連れてってあげることに
しようという事でゆるしてもらおう。ごちそうさまでした。

2008年10月23日

ペンネンネネム

ずっと気になってた絵本カフェ
ペンネンネネム(ややこしくてなかなか覚えられなかった店名。
宮沢賢治さんの本のタイトルやったみたいです)
に幼児教室関係のお友だちと行ってきました。

R0019002.jpg

店の雰囲気もいい感じだし、

R0018936.jpg

楽しみにしていた食べ物もすごくよかったです。

とことんまともなハンバーガーセット。村上春樹さんの
「ダンス・ダンス・ダンス」読んだことないので読もうって
思いました。

R0018949.jpg

すごく楽しみにしていたグリとグラのホットケーキ(カステラ)
かわいいかわいい。

R0018958.jpg

細かな演出もキュンってなる。こんな風におもてなしできたら
すごく素敵やろうなって思いました。

R0018966.jpg

子供がかぶると鬼のつのみたいな小さなグリとグラの帽子。

R0019014.jpg

前の小さな公園で帰りに子供たちは遊んで
大人も子供も大満足な充実した時間をすごせました。

行きたくて仕方なかったので行きましょ〜って
話しているお友だちがいっぱいいます。
また何度でも行きたいのでご一緒して下さい!

2008年12月29日

故宮で忘年会ランチ

ウェスティンが続いてます。
お友だち家族とプチ忘年会に故宮へ行きました。

R0020849.jpg

故宮はちゃんとした中華をオーダー形式の食べ放題で
食べられます。

R0020814.jpg

DSC_1762.jpg

お店の雰囲気もいいし
味のレベルも高くってよかったです。

DSC_1763.jpg

DSC_1784.jpg

DSC_1778.jpg

雑誌ファミリーウォーカーにも載っていて
子連れでも行きやすいお店なのもうれしい。
お友だちはもう何回か行ってるみたいです。
リピートしたくなるのよくわかりました。
(このスタイルで提供されるのは1月までの
限定みたい、もっかいくらい行きたかったなぁ)

DSC_1838.jpg

この後、腹こなしも兼ねてりんくうの遊びスペースと
アウトレットをブラブラしてたらすっかり夜でした。

2009年02月03日

かに家さんへ

冬になると計画が出ては立ち消えになっているカニカニ旅行。
2〜3年越しでまた消えそうになっているけど
どうしてもカニが食べたくってわりと近郊の京都に
お友だち家族とカニを食べに行きました。

待ち合わせまでちょっと時間があったので
八坂さんを散歩しました。

DSC_33481.jpg

いよいよカニ家さん。
私がいちばん食べたかったのがズワイガニのカニ刺。

DSC_33571.jpg

子供にほとんど食べられてしまったけど
甘くてとろっとしたカニ刺いただけて、しあわせ!でした。

どんどんいいタイミングで出てくる
カニづくしのお料理。

DSC_33641.jpg

お部屋も和室の個室だから旅館っぽい気分でくつろげました。

DSC_33681.jpg

DSC_34051.jpg

コースに追加注文するのも2家族だと分けられて
色々食べられてよかったです。

DSC_34041.jpg

カニの姿焼きはテンション上がります。

DSC_34111.jpg

焼きガニってやっぱり美味しい!!

DSC_34301.jpg

数年分のカニ気分が満たされました(^^)

2009年02月12日

聘珍楼

夫両親に大阪聘珍楼へ連れて行ってもらいました。

R0021255.jpg

思ったより広くて揚琴の演奏があったりシックな装いのお店。

お正月ぶりにじいちゃんばあちゃんに会えるのを
子供もとっても楽しみにしていたようでテンション
高かったように思います。個室にしといてよかったです。

R0021200.jpg

広東系のあっさり中華、子供に好評でした。

R0021204.jpg

R0021210.jpg

R0021211.jpg

野菜も魚介類も素材の味がするようなどれも薄味。
さらっと頂けました。

R0021213.jpg

R0021238.jpg


子供がカメラをうばいにきて大変だったのに見かねて
祖父母がお古のデジカメを下さいました。
たくさんたくさんありがとうございます。


2009年03月18日

アルムリーノ

お友だちに天然酵母パンのお店アルムリーノのカフェに
連れて行ってもらいました。

R00218431.jpg

R00218381.jpg

色んな種類のパンを食べさせてもらいました。

R00218261.jpg

R00218291.jpg

素朴な味わいのパンは和食とも相性がよかったです。

R00218491.jpg

エスコヤマがわりと近くだったので行ってみたら
平日なのにすごい列だったのであきらめてランチ後
みんなで公園へ行きました。

木の棒を見つけると持って振り回すのは本能なんかなぁ。
棒をみつけては拾ってました。
久々に会えたお友だちもいて楽しい1日でした。

2009年04月02日

桜カフェ

桜の見えるオープンエアのカフェGROVEに行きました。

R0021927.jpg

肌寒い日でオープンエアは少し寒く感じたけど
それでも居心地よかったです。
スクリーンのような形の美しい桜窓。

ランチをオーダーして

R0021931.jpg

スイーツを注文。

R0021933.jpg

スイーツ系が思っていたより充実していて
見た目もかわいくてテンション上がりました。

About 10カフェ&レストラン

ブログ「panboat blog #4」のカテゴリ「10カフェ&レストラン」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは09制作です。

次のカテゴリは11料理です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。