top panboat.com profile portfolio goods blog note works link

2013年09月02日

節恵庵

夏のおわり、1泊2日で桂川の源流が湧き出る山里にある
節恵庵へ行ってきました。

DSCF4601.jpg

DSCF4079.jpg

節恵庵は日本の田舎暮らしが体験出来る農家民宿で
川魚釣りや蔓工芸のかご作り、苔玉作り、

DSCF4416.jpg

古代米を使った餅つきなどなど、
リクエストをすると体験させてもらえます。

DSCF4450.jpg

薪でお風呂を炊いたり、餅つきの米をかまどで蒸したり
火をおこす所からはじめます。
火は熱く。夏の小川の水は冷たい。そういったシンプルだけど
大切なことを沢山取り戻せる時間。

DSCF4185.jpg

手作りの木製ブランコとすべり台は完成した所だそうです。
雨が降ってきてもおかまいなしに汗だくで遊んでました。

蔓工芸の灯りが美しい居心地のよい夜の居間です。

DSCF4053.jpg

お食事は畑で採れた野菜を中心の自然食です。

DSCF4032.jpg

夜はお膳で皆で集まって食事をします。1日1グループとオーナーご夫妻と
ウーファーさん。ウーファーって何?!!ってはじめて聞くと思うでしょ。

節恵庵はインターネットで検索すると、海外の方の書き込みが圧倒的に多く
不思議に思っていたのですが、WWOF(ウーフ)のホストファミリーを
されているそうで、国内外からお手伝い&農業体験などされに
様々な場所から人が訪れています。そのお手伝いをしてくれはる方を
ウーファーと呼ぶそうです。
一見閉鎖的に陥りやすい田舎なのにその全く逆で色んな国と人とつながっている。
そんな仕組みがある事もはじめて知ったのですが、ええなぁって思った。

そしてそんな中、急に実は。。と申し出たにも関わらず
子供のお誕生日のお祝いをして下さいました。

DSCF4040.jpg

日本人が忘れたり、捨ててしまった大切なことがいっぱい
あふれている場所です。

また「ただいま」と訪れたいです。


栂尾山 高山寺

8年程ぶりに栂尾山高山寺に行きました。
参道で出逢ったカタツムリ。湿気の多い日だったので
色んな種類のカタツムリを見られました。

DSCF3837.jpg

高山寺は古い山寺で、派手さはないのですが明恵上人やお茶、
宝物の鳥獣戯画など好きなものが沢山あります。

DSCF3903.jpg

茶の湯に興味を持ちはじめた今の私。前にきた時よりも
感慨深くこの茶園を見つめる自分がいました。

DSCF3920.jpg

DSCF3925.jpg

青紅葉や竹格子、古い石畳。

DSCF3952.jpg

落ち着いた趣がとても美しかった。

2013年08月20日

瀬戸芸2013・夏

瀬戸内芸術祭2013へ行ってました。今まで行ってなかった伊吹島、
犬島、小豆島と丸亀の現代美術館&高松市立美術館で大竹伸郎展はしご、
お友だちがいる宇野の駅東創庫。島とアートぎっしりの1週間くらい。

DSCF1585.jpg

DSCF1952.jpg

はじめて行った小豆島は山々が高く自然の恵みに満たされた印象。
バリ島を彷彿させる情景もありました。

DSCF3202.jpg

DSCF3132.jpg

いりこで有名な伊吹島は大漁旗が迎えてくれました。
コールタール塗装の黒い民家のある坂のきつい入り組んだ漁師町。

DSCF1788.jpg

沈まぬ船という小学校を使った大規模な展示や

DSCF1883.jpg

大岩オスカール作品もとてもすばらしかった!

DSCF1920.jpg

犬島(銅製錬所の跡地)は熱さと暗さが廃墟のような精錬所跡に響く
グサっと突き刺さるような印象の余韻が残りました。

DSCF2684.jpg

DSC07525-2.jpg


瀬戸芸は今回もとってもいい刺激!夏期間はすさまじく暑いし、不便(フェリーの便数が少なかったり)と非合理的な(例えば衣食住から大幅に外れるとか)作品がほとんどなのですが規模の大きい作品が沢山あったり、やっぱりまた島々アートに魅了されるのです。

DSCF1641.jpg

瀬戸内の海と空と風。島々と美しいもの沢山
どれもキラキラしていました。


2013年07月19日

「祗園祭り小路展」終了!

参加させてもらっていたギャラリーLittleHouseの「祗園祭り小路展」
おかげさまで大盛況のうちに終了いたしました。

DSC05673.jpg

とくに祇園祭のまっただ中の開催という事で
来館して下さる人も多かった。
一緒に参加していた作家同士で祇園祭の宵宵…山など
見学しに行ったり、だんだん盛り上がって行く祇園祭の
風情を現場で感じる事ができました。

DSCF0298.jpg

DSCF0342.jpg

DSCF0365.jpg

近くで山鉾を見学させてもらったり、巡行も朝早起きして
バッチリ見れました。

DSC059090.jpg

お世話になった鶏鉾の辻まわしも間近で見られて大満足!!でした

2013年07月07日

祗園祭り小路展

ギャラリーLittle houseの「祗園祭り小路」展に参加いたします。
手ぬぐい・風呂敷・がま口・扇子・うちわ・帯留・
アクセサリー・カード・イラストなど
祗園祭りや和、夏を感じる作品や小物が沢山展示されます。

私も祇園祭を楽しみながら浴衣でギャラリーにおります。
(7/10、13、14、15、在廊。この日以外も時間を作って
行こうかと思っております)

今回は久々に額縁装丁したクレイ作品を中心に出展します。
どうぞ気軽にいらして下さい!

DSC_6772.jpg

「祗園祭り小路」展
2013年7月9日(火)~17日(水)

9日(火)~12日(金)10時~19時
13日(土)~16日(火)10時~22時
17日(水)山鉾巡行   10時~16時

gionshyoji.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ギャラリー Little house ちいさいおうち
住所 〒600-8491 京都府京都市下京区四条室町角 鶏鉾町478番地
最寄り駅 阪急電車京都線・地下鉄烏丸線 「烏丸」駅・「四条」駅
四条烏丸地下道「26番」出口(京都産業会館)左20M
電話 090-9977-1559
FAX 077-525-8813

御陵庵・昇苑くみひも・澤村直美・種村国夫・谷川美也子
辻 寿見・中川 学・西浦由乃・早川勝二・藤本ひづる
松風直美・松田 元・三品雅子・下城三佳・山口哲司
むす美 ・山根由加・山根まりあ・吉田絵里子
(アイウエオ順・敬称略)

2013年04月01日

ダブル・イエロー

久々に畑へ行った。通う道すがら角を曲がると
広がる黄色がまぶしかった。

DSC03791.jpg

DSC03792.jpg

菜の花の色、レンギョウの色。和の色名のような美しい名前は
思いつかないけれど同じ黄色でも違う黄色。

2013年03月31日

王子動物園

むかしなじみの親友とお互い子連れで王子動物園に行きました。
子供が撮ったパンダの写真。被写体を決めて撮れるようになってきた。

DSC03666.jpg

ここぞとばかりにネットで見つけたパンダおにぎりを
真似して作ってみた。

DSC03651.jpg

王子公園は桜の木がたくさんあって、散策がてらお花見が出来る。
観覧車に乗ると絶景。

DSC03760.jpg

DSC03767.jpg

ふわりふわり、桜の雲居へ降りるみたいできれいでした。

2013年03月08日

あたたかい日

長く感じる冬がそろそろ終わるかな、うららかな春らしい日が
続いた今週。公園からは沈丁花の香りがします。

大阪城へ梅を観に行きました。

DSC035381.jpg

梅も香しくて気持ちよい散歩になりました。

DSC035501.jpg

拾った梅の花を水に浮かべました。子供は画用紙でメジロを作って
お手紙付きでくれました。うれしい。

ベランダのニオイスミレも花をつけて、順番待ちの蕾も沢山発見出来た。

DSC03556.jpg

でも、待ちきれなくて

DSC03561.jpg

ちょっぴりだけ、スミレの花の砂糖漬けを作りました。
味見だけでなくなりそうですが、ニオイスミレの香りの
砂糖漬けが出来ました。

花だけを細かくしてスミレ糖を作って、それを卵白を塗った
スミレにまぶすともうちょっと完成度が上がるかも。
また試してみようと思います。

2013年01月01日

謹賀新年2013

あけましておめでとうございます!!

newyear2013.jpg

年賀状出したのに戻ってきてしまった方、届かなくてごめんなさい。
お世話になっている方々にご住所を存知上げなかったり、
新年のご挨拶を送りきれていないのじゃないかと
毎年年末に悩ましい気持ちでおります。

そんな不束者ですが
皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ハガキは横のレイアウトですが、巳年の年賀状用に作ったイメージです。
巳年のヘビ、クレイも写真もなかなか決まらなかった。
へびってシンプルでむつかしい。
和なテイストの物も夏頃に用意してたのですが
どちらかというと洋風な?やさしいデザインになりました。

2012年12月14日

ポストカード4枚パック

いつもポストカード類の印刷をしている印刷WAVEさん。
4種類パックの印刷の方がお得だったので
来年の年賀状を含めてポストカード4種類を作ってみました。

DSC02735.jpg

両面フルカラー(4c/4c)なので切手面もなかなか
かわいくできているかと思います。