From 4月 2015

ゆるしかく窓の半巾帯

やわらかな四角形を不規則にちりばめた
変わり格子柄のゆるしかくな窓の半巾帯です

http://yuno.base.ec

ゆがんだりくっついたり、隣り合わせになる色で
違ったイメージになる色の不思議さに魅せられて
デザインしました。

(山吹色ベースのもの)夏みかんの窓
夏みかんのようなイエローとマリンブルーや
レッドなどヴヴィットな色を中心にしたカラフルな帯です

607f99c2430c66b5494322936ae2c66c

(ブルーグレーベース)シンデレラの窓
シンデレラ(=灰かぶり)をイメージしたグレーを基調にした色合いで
ドレスを彷彿させるようなやわらかなペールブルーとシリーズ中最も落ち着いたカラーです

518d8991a651c0b4fe27f1202305bd00

(青とキミドリ)木漏れ日の窓
新緑のすき間からこぼれる木漏れ日や青空をイメージした帯。

9eabc729adc60f406b130fd5ba1fb93f

(ペールオレンジ&ターコイズ)陽だまりの窓
陽だまりのようなぬくもりを感じるオレンジと
ターコイズブルーやピーコックグリーンの配色の
わくわくするような帯です。

971bcb8569d164384da210dcd5879304

新作帯ができました

少しづつですが制作していた
オリジナル帯のデザイン。新作ができました。

http://yuno.base.ec

basesiteimage0425

クレイ・アーティストや立体イラストレーター
といった肩書きで作家活動をしている私が
「なぜ帯を作ったのか?」という経緯ですが、
着物を自分で着れるようになって
まず、着物の面白さに目覚めたということ。
好きになっちゃった!ということです。
それから、ものづくりをする作家として
自分でイメージした着物や帯を作ってみたいなぁと
漠然と思い描いておりました。

すごい方がいるもので
デジタルプリント技術を研究して
小ロットでの生産を可能にした『デジナ』
というプリントシステムを確立させた
ゴフクヤサン.comの居内さんの懐に飛び込ませてもらい、
こんな風に着物作りに関して経験も実績もない私が
デザインした帯を世間にお披露目させていただきました。

カジュアルに洋服を着るような感覚で着られる
着物や帯を作れたらよいなぁと思っています。
着物を着るということの裾の裾を広げると思い
おおらかな目で見ていただけると
どんどん着物人口も広がって、もっと楽しい日本の文化発展にも
つながるんじゃないかなぁと信じております。

滋賀県立新生美術館イメージPV

プロジェクションマッピング作品やCG他、映像美術などで
関わらせて頂きました『滋賀県立新生美術館』
(平成31年度までにオープン予定)の
イメージプロモーションムービーが
公式にアップされました。

滋賀県立という公共の大型施設のプロジェクトに、
経験豊富な気鋭の監督さんとプロフェッショナルなクルー
の皆様と一緒に関わらせて頂き、
とても良い経験をさせてもらえました。

部分部分で関わらせてもらっているので
出来上がりを観ながらドキドキしました。
独特の世界観に仕上がっています。

『滋賀県立新生美術館イメージPV』
5分の映像です(音ありなので閲覧時に気をつけて下さい)

【日本語版/Japanese】

【英語字幕/English subtitles】

This promotional video introduces The New Shiga Museum of
Art scheduled to open in 2019, in Shiga Prefecture, Japan.